網戸丸ごと交換、適切な費用はいくら?想像以上に高い?

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

窓・サッシリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回は網戸の交換について解説していきます。

網戸を丸ごと交換する際、心配なのはやはりその費用ではないでしょうか?

高いと思われがちな網戸の丸ごと交換費用ですが、実は適正な価格を知っていれば無駄な出費を避けることが可能です。

この記事を通じて、網戸の丸ごと交換にかかる費用の相場と節約のコツ、さらには費用を抑えるための適切な手順を明らかにしていきます。

あなたの網戸交換に対する不安や疑問点を無くせるように解説していきます。

網戸を交換するのが初めての方でも、この記事を読むことで安心して網戸交換を進めることができるようになるはずです。

網戸の基礎知識

まず最初に網戸の基本について説明しましょう。

網戸はその名の通り、細かい網の目を持つ扉のことを指します。

通常は窓やドアの外側に取り付けられ、風を通しながら虫の侵入を防ぎます。

主に2つの要素で構成されており、「網目」と「サッシ」でできています。

網目とは虫を防ぐための細かい目を持つネットの部分のことで、サッシはそのネットを囲むフレームのことを指します。

網戸(網目とサッシ)の寿命

一般的に網戸の網目部分は5〜10年、サッシ部分は10年以上の寿命があります。

しかし、これはあくまで目安であり、網戸の使用状況や保管状況により大きく変わります。

網戸を交換すべきタイミングや張り替えサイン

網戸の寿命が近づくと、以下のようなサインが現れます。

  • 網目にホコリが溜まりやすくなってきた
  • 網戸が破れて穴が開いている
  • 網戸をすり抜けて虫が入ってくる
  • 網戸がたわんでいる、歪んでいる
  • 網戸が変色している
  • 開閉が困難になってきている

これらのサインが見られたら、網戸の交換や張り替えを検討する時期がきたと言えます。

網戸の選び方のポイント

網戸を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 材質: 丈夫さや軽さ、耐久性などを考慮して選びましょう。アルミ製が一般的ですが、ステンレス製もあります。
  • メッシュサイズ: 細かすぎると風通しが悪く、大きすぎると虫の侵入を防げません。一般的には1mm〜2mm程度が適切です。
  • 色: 室内の雰囲気や好みに合わせて選べます。一般的には白やブラックが多いですが、シルバーやブロンズなどもあります。

高層マンションでは網戸自体を取り付けられない?

高層マンションでは、風の強さや窓の構造により網戸を取り付けることが難しい場合もあります。

しかし、取り付けられないと一概には言えません。

マンションの管理会社や専門業者に確認することをおすすめします。

網戸の丸ごと交換について

網戸の寿命が来た時や張り替えだけではなく新しい網戸にしたい時、そのためには網戸の丸ごと交換が必要となります。

網戸を新しくすることで部屋の見た目が変わったり、風通しがよくなるなどのメリットがあります。

網戸を丸ごと交換するまでのタイムスケジュール

網戸を丸ごと交換する際の大まかな流れを説明します。

  1. 網戸の寸法測定: 網戸のサイズを正確に測定します。サッシの内寸法を測ることが一般的です。
  2. 新しい網戸の選択: 前述の網戸の選び方のポイントを参考に、新しい網戸を選びます。
  3. 既存の網戸の取り外し: ネジやクリップを外し、既存の網戸を取り外します。
  4. 新しい網戸の取り付け: 新しい網戸を取り付ける位置にセットし、ネジやクリップで固定します。

この流れを踏まえ、専門業者に依頼した場合、おおよそ1時間程度で網戸の丸ごと交換が可能です。

網戸を丸ごと交換する場合はDIYでできる?

網戸の交換はDIYでも可能です。

特別な道具は必要ありませんし、市販の網戸ならば必要なサイズにカットすることも可能です。

しかし、以下の理由から初心者には専門業者に依頼することをおすすめします。

  • 正確なサイズ測定: サッシの寸法は微妙に異なる場合があり、測定ミスは取り付け時に大きな問題となります。
  • クオリティ: 仕上がりの美しさや、虫の侵入を防ぐための密閉性は、専門業者に依頼した方が確保しやすいです。
  • 時間と労力: 経験者であれば1時間程度で終わる作業も、初めての人は時間がかかります。その時間を他の有意義なことに使えると考えると、専門業者に依頼するメリットがあります。

以上のことから、網戸の丸ごと交換はDIYでも可能ですが、質の高い仕上がりを期待するなら専門業者に依頼することをおすすめします。

網戸の丸ごと交換・張り替えの費用

網戸を丸ごと交換する際、重要なポイントのひとつが費用です。

費用は網戸の種類やサイズ、交換方法(DIYか業者依頼か)などによって変動します。

今回は一般的な相場や専門業者に依頼した場合の費用、古い網戸の処分について考えてみましょう。

網戸取替費用っていくらくらいが相場?

網戸の取替費用、網戸の種類やサイズ、業者によって大きく変わるため、一概には言えません。

しかし、大まかな相場としては、網戸1枚の張り替えであれば、業者によりますが2500円~4000円程度、丸ごと交換の場合は5000円程から大きなものでは20000円程度することもあります。

この金額には、作業料と材料費が含まれています。

処分費等の費用は業者に直接見積もりを取ることでより具体的な金額を知ることができます。

専門業者に本体(フレーム)ごと網戸の新規作成を依頼した場合の費用は?

網戸の本体(フレーム)ごと新規作成を専門業者に依頼する場合、費用は上記の丸ごと交換の相場と同じく5000円~20000円程度が目安となります。

これには網戸の取り付け、新しい網戸の本体(フレーム)と網の費用が含まれています。

また、網戸の大きさや複雑な形状の場合、追加の費用が発生することもあります。

古い網戸は処分してくれるの?

多くの専門業者は、網戸の交換作業の一部として古い網戸の処分を行ってくれます。

そのため、大抵の場合は追加の料金は発生しません。

しかし、業者によっては別途処分費が発生することもありますので、見積もりを取る際には処分費用についても確認しておきましょう。

以上のことから、網戸の丸ごと交換・張り替えの費用は、網戸の状態や業者、選択する網戸の種類などにより変わることを理解しておきましょう。

網戸の丸ごと交換業者について

網戸の丸ごと交換をする際、DIYが難しい場合や時間が取れない場合は専門業者に依頼するのが一般的です。

しかし、どの業者に依頼するべきなのか、また、どのように業者を選べば良いのかがわからない方も多いかもしれません。

ここでは、網戸の丸ごと交換を行う業者について、また、その選び方について解説します。

網戸を丸ごと交換したい時はどこに依頼する

網戸の交換業者は大きく分けて、大手のリフォーム業者、地元密着型のリフォーム業者、網戸専門の交換業者などが存在します。

大手リフォーム業者は安心感があり、全国展開していることが多いので、サポート体制がしっかりしています。

地元密着型のリフォーム業者は地域性を生かしたサービスが期待でき、顧客との距離が近いため、細かな要望に対応しやすいことが特徴です。

網戸専門の交換業者は、網戸の交換に特化しているため、豊富な知識と経験、専門的な技術を持っています。

業者選びのコツ

業者を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  1. 口コミや評判をチェックする:既に利用したことのある人の声を参考にすると、実際のサービスの質を知ることができます。
  2. 見積もりを複数取る:業者ごとに価格やサービス内容が異なるため、比較することで最適な業者を見つけやすくなります。
  3. アフターサポートの有無を確認する:交換後のトラブルやメンテナンスに対応してくれる業者は信頼できます。
  4. 自分の希望や予算に合った業者を選ぶ:必要以上に高額なサービスを勧める業者よりも、顧客の要望をきちんと聞いてくれる業者を選ぶことが大切です。

以上のことから、業者選びは慎重に行うことが重要であることが理解できます。

自分のニーズに合った業者を選び、安心して網戸の丸ごと交換を依頼しましょう。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

専門業者に網戸を本体(フレーム)ごと交換依頼したい場合に準備すべきこと

専門業者に依頼する場合は、以下の準備をすることが役立ちます。

  1. 予算の設定:交換費用の相場を知り、自分がどのくらいの費用を予算にできるかを決めましょう。
  2. 交換したい網戸の数とサイズ:交換したい網戸の数と場所を把握し、業者に伝えられるようにしましょう。
  3. 納期の確認:業者によっては納期が異なるため、希望通りの日や必要な日までには完成しているか確認しましょう。
  4. 保証・アフターケアの確認:交換後に問題が生じた場合、業者が対応してくれるかを事前に確認しましょう。

以上の点を踏まえて、網戸の本体(フレーム)ごとの交換を進めていきましょう。

交換作業は思った以上に複雑な場合がありますが、しっかりと準備をしておけばスムーズに進むことが期待できます。

まとめ

ここまでで、網戸の交換について解説をしてきました。

網戸の寿命から交換すべきタイミング、選び方のポイント、交換までのタイムスケジュール、費用について、そして交換業者の選び方まで、初めての人でも理解しやすいように詳しく解説しました。

網戸の寿命は一般的に5〜10年とされていますが、これは使い方や環境により変わります。

また、交換すべきタイミングは網戸に穴が開いたり、破れたりしたとき、または、網戸の開閉がスムーズでないときなどです。

交換する新しい網戸を選ぶ際は耐久性や網目の密度、価格などを考慮すると良いでしょう。

また、網戸の丸ごと交換を行う場合は業者への依頼が一般的ですが、手順をしっかり把握し、適切な工具があればDIYで行うことも可能です。

費用については網だけの張り替えは2500円から、フレームごとの交換は5000円~2万円程度と覚えておきましょう。

そして、交換業者を選ぶ際は評判や実績、対応の良さなどを重視しましょう。

網戸は日々の生活に欠かせない存在であり、その役割を果たし続けるためには適切なメンテナンスが欠かせません。

自分で交換できるか、業者に依頼すべきかを検討する際には、この情報が参考になることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました