後悔する前に!電動シャッターのメリットとデメリットを知ろう

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

窓・サッシリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回は電動シャッターについて解説していきます。

自宅のシャッター選びに迷っていませんか?

本記事では電動シャッターのメリット・デメリットを詳しく掘り下げ、あなたの家に最適なシャッターの選び方から取り付けまで、全てを包括的に解説します。

電動シャッターの操作性の良さや安全性、省エネ性などのメリットから、初期投資が高額であるなどのデメリットまでリアルな情報をお伝えします。

さらに家の環境やライフスタイル、予算に応じて最適なシャッターを選ぶポイントや、信頼できる施工業者の選定方法も解説。

また、シャッターの役割と重要性についても触れています。

この記事を通じてシャッター選びの難しさを軽減し、快適な生活を送るための一助になればと思います。

あなたの理想の家を実現するために、ぜひ最後まで読んでただき、参考にしてください。

電動シャッターのメリット

電動シャッターには様々なメリットがありますが、ここではその中でも特に重要な5つのポイントを詳しく解説します。

メリットその1:開閉が楽

最初に挙げるのは電動シャッターならではの「開閉の手間が少ない」ことです。

例えば、大きなシャッターを手動で開閉しようとすると、物理的な力が必要で結構大変な作業になります。

それが電動シャッターであれば、ボタンひとつで簡単に開閉できます。

高齢の方でも簡単にシャッターの開け閉めをできるので腰を痛める心配もありません。

メリットその2:開閉の時、外気が入らない

次に挙げるメリットは「開閉時に外気が入らない」ことです。

特に冬場はシャッターを開け閉めするときに外から冷たい空気が家の中に入ってしまうことがあります。

しかし電動シャッターは窓を閉めたまま操作ができるので、シャッターの開閉時に外気が入ることを防ぐことができます。

これにより室内の温度を保つのに役立ち、エネルギーの節約にもなります。

メリットその3:虫が入らない

3つ目のメリットは「虫が入りにくい」ことです。

これは、上記と同じく窓を閉めたままでシャッターの開閉ができるので虫が入ることを防ぐからです。

特に夏場には、窓やドアの隙間から虫が侵入することが多いですが、電動シャッターはしっかりと閉じることでそれを防ぎます。

メリットその4:防犯性が高い

「防犯性が高い」のも電動シャッターの大きなメリットです。

電動シャッターは物理的な障壁となることで、不審者の侵入を防ぐ効果があります。

また、一部の電動シャッターにはリモコンに防犯ブザー機能がついているものもあり、さらなる安心感を提供します。

メリットその5:音が静か

最後に音が静かなことも電動シャッターのメリットの一つです。

手動のシャッターと比較して電動シャッターは動作音が少ないので、あまり周囲に気を使うことなく開閉することができます。

これにより、比較的自由に生活することが可能となります。

以上が電動シャッターの主なメリットです。

これらを踏まえた上で、あなたの生活スタイルや家の環境に合った選択をすることが重要です。

電動シャッターのデメリット

電動シャッターには数々のメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

ここでは、その点について詳しく解説します。

デメリットその1:初期費用が高い

最初に挙げるデメリットは「初期費用が高い」ことです。

電動シャッターは手動式のシャッターよりも技術的に進んでいるため、その分価格も高くなります。

しかし、その高価さが長期的な利便性や安心感につながると考えれば、コストパフォーマンスとしては高いと言えるかもしれません。

デメリットその2:電源が必要

次に挙げるデメリットは「電源が必要」であることです。

電動シャッターはその名の通り電力を必要とします。

そのため、電源が確保できない場所では使用できません。

また、停電などで電源が利用できない状況では電動で開閉ができないという問題もあります。

デメリットその3:メンテナンスが必要

3つ目のデメリットは「メンテナンスが必要」であることです。

電動シャッターは電子機器なので、定期的なメンテナンスが必要です。

特に、動きが悪くなったり、全く動かなくなったりすると、専門の業者に依頼して修理する必要があります。

これには時間と費用がかかることがあります。

デメリットその4:リモコンの故障

「リモコンの故障」も電動シャッターのデメリットの一つです。

電動シャッターは通常はリモコンで操作しますが、これが故障するとシャッターを電動で開閉することができません。

手動で動かせるようにはなっていますが、大きな窓のシャッターはかなり重量があるので開閉が大変です。

無理に開閉しようとすると腰を痛める可能性もあります。

デメリットその5:音が出る

最後に、「音が出る」ことも電動シャッターのデメリットです。

前述したメリットの一つに「音が静か」がありますが、手動のシャッターと比較すれば電動の方が音が小さいというだけです。

静かな夜中にシャッターを開閉すると、それが近隣住民にとって騒音となる可能性があります。

以上が電動シャッターの主なデメリットです。

これらを把握した上で、電動シャッターがあなたの生活スタイルや家の環境に最適な選択かどうかを慎重に考えてください。

シャッター選びのポイント

シャッターを選ぶ際にはその種類や特性だけでなく、自分のライフスタイルや家の条件を考慮することが重要です。

ここでは、シャッター選びの際に考慮すべきポイントについて説明します。

ポイントその1:予算

最初に考えるべきは「予算」です。

電動シャッターは初期費用やメンテナンス費用がかかるため、その全体的な費用を計画に含めることが重要です。

それが予算を越える場合は手動のシャッターなど、他のオプションを検討することも必要です。

ポイントその2:使用頻度

次にシャッターの「使用頻度」を考えてみましょう。

頻繁に開閉する必要がある場合、手動よりも電動シャッターの方が便利かもしれません。

しかし、そうでない場合には手動のシャッターでも十分な場合もあります。

ポイントその3:セキュリティ

「セキュリティ」も考慮に入れるべきポイントです。

電動シャッターはロック機能がついており、手動式よりもセキュリティが高いと言えます。

貴重品を保管する場所や、防犯を強く意識する場合には電動シャッターが良い選択かもしれません。

以上のポイントを基に、あなたにとって最適なシャッターを選んでください。必要に応じて専門家に相談することも、より良い選択をするためには有効です。

シャッターの役割と重要性

シャッターはただ家や商店の窓を覆うだけの存在ではありません。

それぞれには重要な役割があり、私たちの日常生活に大きな影響を与えています。

ここでは、シャッターの主要な役割とその重要性について解説します。

役割その1:防犯性の確保

シャッターの最も重要な役割の一つは「防犯性の確保」です。

窓やドアは侵入者にとって容易な進入口となり得ます。

シャッターを閉じることで、不審者から家を守る防壁となります。

特に電動シャッターは強固なロック機能を有しているため、防犯面で優れた効果を発揮します。

役割その2:プライバシーの保護

シャッターは「プライバシーの保護」にも役立ちます。

カーテンだけでは外からの視線を完全に遮断することは難しいですがシャッターを使用すれば、窓を通じた視覚的な侵害を防げます。

これは、都市部や近隣との距離が近い場所で特に重要な機能です。

役割その3:気象条件からの保護

また、シャッターは「気象条件からの保護」も提供します。

強風や悪天候、強烈な日差しなどから窓ガラスを保護し、室内の温度を一定に保つ役割を果たします。

これはエネルギー効率を高めるとともに、快適な生活環境を維持するためにも重要です。

役割その4:火災からの保護

最後に、「火災からの保護」もシャッターの重要な役割です。

火災が発生した場合、シャッターは火花や煙の侵入を防ぐ壁となり、火災の進行を遅らせます。

これにより、避難時間を確保するため、大切な命を守る役割を果たします。

以上がシャッターの主要な役割とその重要性です。

これらを理解した上で、自分のライフスタイルや状況に応じて最適なシャッターを選ぶことが大切です。

手動シャッターと電動シャッターの比較

シャッター選びにあたって、最も重要な決定点の一つが「手動」か「電動」かという選択です。

これは使い勝手、コスト、メンテナンスなど、いくつかの要素に影響します。

ここでは手動シャッターと電動シャッターのそれぞれの特徴と違いについて、わかりやすく比較します。

手動シャッターの特徴

1.コスト 手動シャッターは電動シャッターに比べて初期費用と維持費用が低いです。特に、予算が限られている場合や、頻繁に開閉しない場合には適しています。

2.故障リスク 電気や機械要素を少なくすることで、故障リスクを最小限に抑えることができます。パーツの交換や修理が必要な場合も、費用と時間が比較的少なく済みます。

3.電源不要 手動シャッターは電源を必要としないため、停電時でも安心して操作できます。

電動シャッターの特徴

1.使い勝手 電動シャッターはボタン一つで簡単に開閉できるため、使い勝手が良いです。特に、高齢者や子供、体力に自信のない方には便利です。

2.ロック機能 電動シャッターには、強固な自動ロック機能がついています。これにより、防犯性能が大幅に向上します。

3.便利な機能 電動シャッターはリモコン操作やタイマー設定など、便利な機能が多数あります。これにより、快適な生活環境を実現できます。

4.コスト 初期費用と維持費用が手動シャッターに比べて高くなります。また、電気を使用するため、長期的に見ると電気代も考慮する必要があります。

以上が手動シャッターと電動シャッターの主要な特徴と違いです。

これらの特性を理解した上で自身のニーズ、ライフスタイル、予算に最適なシャッターを選びましょう。

電動シャッターの取り付けとリフォーム

電動シャッターを新たに取り付ける、または現在のシャッターを電動シャッターにリフォームすることは、その機能性と便利さから多くの家庭で選ばれています。

それぞれのプロセスについてわかりやすく解説します。

新規取り付け

電動シャッターの新規取り付けは、新築時や大規模リフォーム時によく行われます。

取り付ける場所のサイズに合わせたシャッターを選び、専門の技術者が電源とともに設置します。

新規取り付けの大きなメリットは自分の希望に合わせて最初から電動シャッターを選べる点です。

リフォーム

既存の手動シャッターを電動シャッターにリフォームすることも可能です。

これは、手動操作が困難になったり、便利さを求める場合に良い選択となります。

リフォームはシャッター本体の交換だけでなく、電源の設置や配線も必要になるため、専門家に依頼することが一般的です。

取り付けやリフォームを検討する際のポイント

  • 予算: 電動シャッターの取り付けやリフォームにはそれなりの費用がかかります。予算を事前に計算し、リフォーム会社と詳細な見積もりを共有することが重要です。
  • 電動シャッター設置費用の目安:腰から上くらいのサイズの窓である腰窓に設置する場合は10万円~12万円程が多いです。出入りができる掃き出し窓のサイズだと20万円~30万円程、さらに横幅が広い特注サイズになると40万円以上になることが多いです。
  • 対応業者の選び方: 実績や評価を確認し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。また、アフターサポートの内容も比較検討してください。
  • 期間とスケジュール: 作業には数日から数週間かかる場合があります。生活に影響を与えないようにスケジュールを考慮しましょう。

電動シャッターの取り付けやリフォームは、生活の便利さを大きく向上させます。

しかし、それには適切な計画と準備が必要です。

これらのポイントを踏まえて最適な選択をしてください。

施工業者の選定方法

シャッターのリフォームを考えている方々にとって、信頼できる施工業者の選び方は一つの難題かもしれません。

それが初めてのリフォームであればなおさらです。

そこで、失敗しない施工業者の選定方法を4つのポイントに分けてご紹介します。

  1. 業者の経験と実績の確認: 長い歴史と多くの施工実績を持つ業者は、電動シャッターの取り付けに必要な知識と技術を十分に持っている可能性が高いです。
  2. 口コミや評価のチェック: インターネット上の評価や、過去のクライアントからのフィードバックは、業者の信頼性や品質を判断するための良い指標となります。
  3. 見積もりの取得と比較: 複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで、最も適切な価格とサービスを提供する業者を見つけることができます。
  4. アフターサポートの内容の確認: シャッターの設置後もサポートが充実している業者を選ぶことが大切です。これは将来、何かトラブルが発生した時に迅速かつ適切に対応してもらえる保証となります。

これらの4つのポイントを基に施工業者を選定すると、あなたにとって最適な業者を見つけることができるはずです。

電動シャッターのリフォームに際しては適切な業者の選定が成功のカギとなるので、十分に考慮してください。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

まとめ

今回は電動シャッターについて、そのメリットとデメリットを深堀して解説してきました。

さらに選び方や役割、重要性、そして取り付け方法や施工業者の選定方法についても触れてきました。

それでは、ここで電動シャッターについての全てを総括してみましょう。

まず、電動シャッターのメリットはその操作性の良さ、安全性、そして省エネ性が挙げられます。

リモコン操作が可能なため、一度に全てのシャッターを開閉することができる便利さ、侵入者からの保護、さらにはエネルギー効率の良さが強みとなります。

一方でデメリットとしては初期投資が高額であることや、電源が必要となるため停電時に困る可能性があることが考えられます。

シャッターの選び方については家の環境やライフスタイル、予算を考慮し、電動シャッターと手動シャッターの比較から最適な選択を行うことが重要でした。

電動シャッターの取り付けやリフォームについては、業者の経験と実績、口コミ、見積もり、アフターサポートなどを考慮して、信頼できる業者を選ぶことが必要でした。

「電動シャッターを設置すると後悔するか?」という疑問に対する答えですが、これはあなたの個々の状況とニーズに大きく左右されます。

しかし、利用者からは設置して後悔したという意見はかなり少なかったです。

上記で解説した要素を考慮に入れ、慎重に決定を下していただければと思います。

今回の情報があなたの家へのシャッター選びにとっての参考になれば幸いです。

シャッターのリフォームはあなたの生活を便利で安全なものに変える大きな一歩です。

最適な選択を行うために、今回の記事を活用してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました