リクシルキッチンのグレードごとのリフォーム費用や特徴の違いを解説!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

水廻りリフォーム

キッチンリフォームを考えたとき、多くの人が直面するのが「どのグレードのキッチンを選べばいいのか」という疑問です。

リクシルのような幅広いラインナップを持つブランドでは、その違いを理解することが一層重要になります。

この記事を読むことでリクシルキッチンのグレード間の微妙な違いを明確に理解し、あなたのニーズに最適な選択ができるようになるはずです。

そして、コストパフォーマンスに優れ、長年愛用できるキッチンを選ぶことができるでしょう。

それはリフォーム後の満足度を大きく向上させることが可能になります。

この記事があなたのキッチンリフォームがより安全で快適なものとなる一助になれば幸いです。

この記事のポイント

  • リクシルキッチンのグレード間の具体的な違い:各グレードが持つ特徴、機能性、デザインの違いを詳細に理解できます。
  • 各グレードにおけるコストパフォーマンス:価格帯別に、どのグレードが最もニーズに合致するか、予算に応じた最適な選択肢を見つけることができます。
  • リフォーム時の選択肢の絞り込み方:自分のライフスタイルやキッチンでの過ごし方に合わせて、どのグレードを選べば満足度が高まるかの判断基準を提供します。

リクシルキッチンのグレード比較

リクシルキッチンは主に「シエラS」「ノクト」「リシェルSI」という3つのグレードに分かれています。

以下でそれぞれの特徴と価格帯を比較してみましょう。

*今回はキッチンの場所は移動せずに交換工事を行う際の目安となる金額を提示します。

リシェルSI【高級グレード】

リシェルSIの特徴:

  • セラミックトップ: 熱やキズに強く、長期間美しい見た目を保持。
  • 収納機能: スムーズに物を取り出せる「らくパッと収納」や大容量の収納スペース。
  • ハンズフリー水栓: 手を使わずに水の出し止めが可能で、衛生的かつ便利。
  • デザイン性: モダンからクラシックまで、幅広いデザインバリエーション。
  • カスタマイズ性: ユーザーのニーズに合わせて、多彩なオプションから選択可能。

リフォーム費用の目安:

  • 基本パッケージ: 約80万円からスタート。
  • 工事費: キッチンのサイズや構造によって異なるが、一般的には30万円~40万円が目安。
  • 諸経費: 解体費用や廃材処理費、新たな設備の導入費用などが含まれる。
  • 追加オプション: セラミックトップやハンズフリー水栓などの機能追加により、費用が上乗せされる。
  • 合計金額:120万円~200万円

ノクト【中級グレード】

ノクトの特徴:

  • スタイリッシュなデザイン: スリムデザインワークトップ(人造大理石天板)で、厚さ1.2cmのスリムな外観を実現。空間に溶け込む洗練されたデザインが特徴。
  • 収納機能: スライドストッカーやアシストポケット・シェルフなど、使い勝手を高める収納機能が充実している。
  • 耐久性と清潔さ: 人造大理石トップは350℃の熱にも耐え、調味料や洗剤が浸透しにくい。シンクとワークトップをシームレスに仕上げ、排水口も一体成型でお手入れが簡単。
  • デザイン性: 扉色は32色から選べ、スリム取手を3色用意。空間に合わせたコーディネートが可能。
  • カスタマイズ性: ユーザーのニーズに合わせて、多彩なオプションから選択可能。

リフォーム費用の目安:

  • 基本パッケージ: 約50万円からスタート
  • 工事費: キッチンのサイズや構造によって異なるが、一般的には25万円~35万円が目安。
  • 諸経費: 解体費用や廃材処理費、新たな設備の導入費用などが含まれる。
  • 追加オプション: ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズが可能で、選択したオプションによって費用が上乗せされる。
  • 合計金額:85万円~150万円

シエラS【普及帯グレード】

シエラSの特徴:

  • スタイリッシュなデザイン: シンプルでどんなインテリアにも合う上質さを持ち、空間を選ばないデザイン性。
  • 収納機能: 大容量のフロア収納や引出し式のトレーボードなど、使い勝手を考えた収納設計で、キッチン用品をスッキリと収納。
  • 耐久性と清潔さ: ステンレストップや人造大理石トップを選択可能で、どちらも耐久性に優れ、お手入れが簡単。
  • デザイン性: 扉カラーは全27色から選択可能で、空間に合わせたコーディネートが楽しめる。
  • カスタマイズ性: お客様のニーズに合わせて、機器のグレードアップやカラーバリエーションの選択が可能。

リフォーム費用の目安:

  • 基本プラン: 約30万円からスタート。
  • 工事費: キッチンのサイズや構造によって異なるが、一般的には25万円~35万円が目安。
  • 諸経費: 解体費用や廃材処理費、新たな設備の導入費用などが含まれる。
  • 追加オプション: カウンタートップの材質変更や、扉カラーのグレードアップ、機能性を高める機器の追加などにより、費用が上乗せされる。
  • 合計金額:70万円~100万円

リクシルのキッチンを選ぶ理由:機能性とデザインの融合

リクシルキッチンはその高い機能性とスタイリッシュなデザインで、多くの家庭のキッチンリフォームに選ばれています。

ここではリクシルのキッチンの選び方と、その特徴的な機能について解説します。

セラミックトップ

セラミックトップは耐熱性と耐傷性に優れた素材で、キッチンのワークトップに使用されます。

この素材は高温の鍋やフライパンを直接置いても変形や変色の心配が少なく、鋭利なキッチンツールが触れても傷がつきにくいのが特徴です。

さらに汚れが染み込みにくく、日常のお手入れが簡単に行えるため、美しいキッチンを長期間保つことができます。

Wサポートシンク

Wサポートシンクは二重のレーンと可動式のプレートを備え、調理と後片付けの効率を大幅に向上させるリクシル独自の機能です。

このシンクでは食材の下処理から調理器具の洗浄まで、スムーズに作業を進めることが可能。

また、シンク内での作業が完結するため、キッチン全体の清潔を保ちやすくなります。

タッチレス水栓 ナビッシュハンズフリー

タッチレス水栓「ナビッシュハンズフリー」は、手をかざすだけで水の出し止めができる便利な機能です。

料理中に手が汚れている時や両手がふさがっている時でも、衛生的に水を使用することができます。

この水栓はキッチン作業の効率化はもちろん、節水にも貢献します。

らくパッと収納

「らくパッと収納」は、使い勝手を考え抜かれたリクシルキッチンの収納システムです。

このシステムでは引き出しや扉が軽い力でスムーズに開閉し、キッチン用品を効率的に収納・取り出しが可能。

また、デッドスペースを減らし、キッチンの限られた空間を最大限に活用できます。

よごれんフード

「よごれんフード」は、油煙やにおいを効果的に吸い取り、キッチンを清潔に保つための換気扇です。

この機能により、油汚れが内部に蓄積するのを防ぎ、お手入れの手間を大幅に軽減。

定期的なメンテナンスの必要性を低減し、いつも清潔なキッチン環境を維持できます。

キッチンコンセント

キッチンコンセントは調理家電を使いやすくするための配慮です。

作業エリアに近い位置に配置されたコンセントにより、ハンディブレンダーや電気ケトルなどの小型家電をコードが邪魔になることなく、スムーズに使用できます。

これによりキッチンでの作業効率が向上し、料理の準備がより快適になります。

リクシルキッチンを選ぶ際は、これらの機能性とデザインを考慮することで使い勝手の良い、理想のキッチン空間を実現できます。

優良な施工業者の選び方

リクシルキッチンのリフォームを成功させるためには、適切な施工業者を選ぶことが非常に重要です。

しかし、多くの業者が存在する中でどのようにして最適な業者を見つければよいのでしょうか?

ここでは施工業者選びのポイントを解説します。

施工業者の実績と評判をチェック

  • 実績の確認:
    • 施工業者がこれまでに手掛けたリクシルキッチンのリフォーム事例を確認しましょう。特に、あなたが希望するスタイルや規模のリフォームを経験しているかが重要です。
  • 評判の調査:
    • インターネット上の口コミや評価、地域の住宅展示場やショールームでの推薦などを参考にして、業者の評判を調べましょう。実際にサービスを利用した人の声は、選択の大きな手がかりになります。

提案力とコミュニケーション能力

  • 提案力の確認:
    • 最初の打ち合わせで、業者がどのような提案をしてくるかに注目しましょう。あなたのニーズをしっかりと理解し、具体的かつ創造的な提案ができる業者は信頼できる可能性が高いです。
  • コミュニケーション能力:
    • リフォームは計画段階から完成まで、施工業者との密なコミュニケーションが必要になります。相談しやすく、レスポンスが良い業者を選ぶことが大切です。

アフターサービスの充実度

  • 保証期間とサポート内容:
    • リフォーム後の保証期間や、万が一のトラブルに対するサポート体制を確認しましょう。長期間の保証や、迅速な対応を約束する業者は、安心して任せることができます。

費用と見積もりの透明性

  • 明確な見積もり:
    • 見積もりは、リフォーム費用を判断する上で重要な資料です。業者には、工事の内訳を詳細に記載した見積もりを提出してもらい、不明点があれば質問しましょう。費用の透明性が高い業者は信頼できます。

理想のリクシルキッチンリフォームを実現するためには、上記のポイントを踏まえた上で複数の業者を比較検討することが重要です。

最終的にはあなたの直感と信頼感を大切にして、最適な施工業者を選んでください。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。↓

スムーズに進めるキッチンリフォームのステップ

キッチンのリフォームを検討しているけれど、何から始めればいいかわからないという方へ。

リフォームプロジェクトを成功に導くための手順を解説します。

ニーズの明確化

  • 目的の特定:
    • まずは、リフォームを行う目的をはっきりさせましょう。キッチンの機能向上を求めるのか、デザインの変更を希望するのか、それとも両方なのかを明確にします。

予算の設定

  • 予算計画:
    • リフォームにかけられる予算を決めます。この際、予期せぬ出費に備えて、予算の10%程度を余裕を持たせることをお勧めします。

リクシルキッチンの選定

  • 商品選び:
    • リクシルのキッチンは多種多様です。ショールームを訪れて、実際に商品を見て触れ、機能やデザインを確認しましょう。

施工業者の選定

  • 業者選び:
    • 複数の施工業者から見積もりを取り、比較検討します。この時、価格だけでなく、対応の速さや提案力、過去の実績も重要な判断基準になります。

設計・見積もりの確認

  • 詳細プランの確認:
    • 選んだ施工業者と一緒に、リフォームの詳細な設計を行い、最終的な見積もりを確認します。この段階で納得がいかない場合は、遠慮なく要望を伝えましょう。

契約

  • 契約書の締結:
    • 見積もりとプランに問題がなければ、契約書にサインします。契約書は、後でトラブルが起きないように、内容をしっかりと確認しましょう。

工事の実施

  • 工事スタート:
    • 工事開始日には、作業がスムーズに進むようにキッチン周りを片付けておきます。工事中は、日々の進捗をチェックし、不明点があれば施工業者に確認しましょう。

完成・引き渡し

  • 最終確認:
    • 工事が完了したら、施工業者と一緒に最終確認を行います。不具合があればこの時点で指摘し、修正を依頼しましょう。

アフターサービスの確認

  • 保証・メンテナンス:
    • リフォーム完了後も、定期的なメンテナンスや突発的なトラブルに対応してもらえるよう、アフターサービスの内容を確認しておきましょう。

リクシルキッチンのリフォームは計画的に進めることで、理想のキッチンを実現できます。

この手順を参考に、スムーズで満足のいくリフォームを目指しましょう。

リクシルキッチンリフォームのまとめ

今回の記事で紹介したリクシルのキッチンリフォームを改めて振り返りたいと思います。

ポイントを簡潔にまとめましたので最後に確認をしてみてください。

リフォームの目的を明確にする

  • 最初にリフォームで何を達成したいのかをはっきりさせましょう。キッチンの機能向上、デザインの変更、または両方かもしれません。目的が明確になれば、計画も立てやすくなります。

予算をしっかり計画

  • リフォームにはそれなりの費用がかかります。予算を事前に計画し、余裕を持たせておくことで、予期せぬ出費にも対応できます。

リクシルキッチンの特徴を理解

  • リクシルキッチンはその高いデザイン性、機能性で知られています。セラミックトップやタッチレス水栓など、リクシルならではの特徴を把握し、自分のニーズに合った選択をしましょう。

信頼できる施工業者を選ぶ

  • 施工業者の選定はリフォーム成功の鍵。実績や評判、提案力、コミュニケーション能力を基準に選びましょう。また、アフターサービスの充実度も重要なポイントです。

工事の進行と完成

  • 工事が始まったら、定期的に進捗をチェックし、不明点はすぐに施工業者に確認しましょう。完成後は、細かい不具合がないか最終確認を忘れずに。

リクシルキッチンのリフォームは、計画的に進めれば、理想のキッチンを実現できます。

このガイドがあなたのリフォームプロジェクトを成功に導く一助となれば幸いです。

最後にリフォームは大きな投資ですが、毎日の生活をより豊かに、快適にするための投資です。

じっくりと時間をかけて、最適な選択をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました