リクシルキッチンの人造大理石:後悔しないための注意点

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

水廻りリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いているだいごです。

今回はキッチン選びについて深く掘り下げたいと思います。

特にリクシルのキッチンを検討している皆さんにとって重要な話題に触れてみたいと思います。

それは「人造大理石」についてです。

私たちの家族が毎日過ごすキッチンは家全体の機能と雰囲気を左右する重要な場所です。

そんなキッチンを選ぶ際、素材の一つとしてよく見かけるのが「人造大理石」。

その美しい見た目とコストパフォーマンスから、リクシルのキッチンにおいても人気の選択肢となっています。

しかし、人造大理石は本当に最良の選択なのでしょうか?

それとも後で後悔することになるのでしょうか?

この記事ではリクシルのキッチンで人造大理石を選ぶメリットとデメリットについて掘り下げ、最適な施工業者の選び方についても解説していきます。

キッチン選びで迷っている方、必見の情報が満載です。

ぜひ最後までお読みください。

リクシルのキッチンで人造大理石を選ぶメリット

人造大理石はその名の通り天然の大理石を模倣した人工素材であり、その特性からリクシルのキッチンでの選択肢として注目されています。

では具体的に人造大理石を選ぶメリットとは何でしょうか。

  • 豊富なバリエーション:人造大理石の一番の魅力は、色やデザインのバリエーションが非常に豊富であることです。天然素材では出せない色や柄、人造大理石特有の柔らかな表情を楽しむことができます。これにより、リクシルのキッチンがより自分らしいスペースとなり、料理の楽しみも増えるでしょう。
  • 優れた耐久性:人造大理石はアクリル系またはポリエステル系の樹脂を主とした人工素材で、割れにくいという特徴があります。キッチンは毎日使用する場所であり、料理中のハプニングもあるかもしれません。そんな時でも、人造大理石なら安心です。
  • メンテナンスの容易さ:天然素材に比べ、人造大理石はメンテナンスが容易です。水や油をはじく特性があるため、日々のお掃除も楽になります。また、傷がついても研磨によって修復することが可能です。

これらのメリットからリクシルのキッチンにおける人造大理石の選択は、デザイン性と機能性を兼ね備えた素晴らしい選択肢と言えるでしょう。

ただし、全ての家庭にとって最適な選択肢とは限らない点を理解しておくことが重要です。

次節では人造大理石の選択を慎重にするべき理由を詳しく見ていきましょう

人造大理石を選ぶデメリットと後悔する理由

それでは、リクシルのキッチンで人造大理石を選ぶ際に考慮すべきデメリットについて詳しく見ていきましょう。

  • 熱や液体のシミによる変色:人造大理石は素晴らしい耐久性を持っていますが、熱や液体のシミにより変色する可能性があります。特に料理中に熱い鍋やフライパンを直接カウンターに置いたり、色の強い飲食物をこぼした場合には注意が必要です。
  • 割れるリスク:耐久性に優れているとはいえ、固くて重たいものを落とすと天板が割れる可能性があります。また、一度割れてしまった人造大理石の天板は、元の状態に修復するのは困難です。
  • 紫外線による変色:年数が経つと紫外線の影響を受けて人造大理石は若干黄ばんできます。キッチンが窓際にあり、直射日光が当たる場合には特に注意が必要です。

これらのデメリットを理解した上で人造大理石を選択することが重要です。

自分のライフスタイルやキッチンでの調理スタイル、また設置環境を考慮し長期的な視点から選択を行うことが後悔しないキッチン選びにつながります。

リクシルキッチンの人造大理石を長持ちさせるお手入れ方法

キッチンリフォームで人造大理石の天板を選択する際、その美しさを長く保つためのお手入れ方法が重要となります。

ここではリクシルのキッチンで人造大理石の天板を長持ちさせるための簡単なお手入れ方法をご紹介します。

まず基本的な清掃方法として、やわらかい布またはスポンジのやわらかい面に水を付け、天板を軽く拭きます。

このとき、力を入れすぎず、優しく拭くことが大切です。

これは日常的に行うことで軽度の汚れや塵をすぐに取り除くことができます。

また、汚れが落ちにくい場合やより深い掃除が必要な時は、やわらかい布またはスポンジのやわらかい面に薄めた台所用中性洗剤または石けんを付け、同様に軽く拭きます。

これにより、天板に付着した頑固な汚れもきれいに落とすことができます。

しかし、人造大理石は一部の洗剤に弱い可能性があるため、強酸性や強アルカリ性の洗剤は避け、台所用中性洗剤を使用することが推奨されます。

これらのお手入れ方法を実行することで、リクシルのキッチンの人造大理石の天板は長期間にわたり美しい状態を保つことが可能となります。

また、定期的なお手入れを心がけることでキッチン空間全体の清潔さと快適さも維持することができます。

リクシルキッチンで人造大理石を使用した人の口コミ

リフォームを考える際に実際に製品を使っている人の口コミは大変参考になります。

今回は、リクシルのキッチンで人造大理石の天板を使用した人々の口コミを紹介します。

  • 人造大理石の天板は継ぎ目がなく、そのため掃除がしやすいという意見が多く寄せられています。キッチンは料理の準備や調理のために日々使う場所なので、掃除のしやすさは大変重要です。特に半年経った今でも美しい状態が続いているという声は、人造大理石の耐久性を示しています。
  • また、傷がつかないという評価もあります。これは人造大理石の硬さと耐久性が高いことを裏付けています。これは特に料理中に調理器具を落としたり、鍋を置いたりする際に有利です。
  • さらに茶渋がついてもメラニンスポンジで軽くこするだけで、すぐにキレイになるという口コミもあります。これは日々のメンテナンスが容易であることを示しています。

これらの口コミからもわかるようにリクシルのキッチンで人造大理石を選択することは、メンテナンスの容易さや美しさを維持する点で多くのメリットがあります。

しかし、前述のようにデメリットも存在するため、自分のライフスタイルやキッチンでの要望に合った選択をすることが重要です。

次節ではリクシルのキッチンで人造大理石以外の選択肢と、それらが持つ特性について解説していきます。

リクシルのキッチンで人造大理石以外の選択肢

人造大理石に魅力を感じつつも、そのデメリットに気を取られる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、リクシルのキッチンで選べる他の素材、特にステンレスとセラミックについて説明します。

  • ステンレス:ステンレスはその耐久性と機能性から、プロの料理人にも好まれる素材です。熱や衝撃、摩擦に強く、汚れも染み込みにくいのが特徴です。そのため、お手入れも容易で、長年にわたって美しさを保つことができます。ただし、デザイン性では人造大理石には及ばないかもしれません。
  • セラミック:セラミックは熱による変色・変形に強く、金属でこすってもキズつきにくいのが特徴です。そのため、使い勝手の良さと丈夫さを求める方におすすめです。また、セラミックはその素材感から高級感を醸し出し、キッチンにエレガントな雰囲気をもたらします。

これらの素材もまた、それぞれが独自のメリットとデメリットを持っています。

一番重要なのはあなたの料理スタイル、ライフスタイル、そして好みに最も適した素材を選ぶことです。

しかし、素材選びだけでなく、施工業者の選び方もキッチン選びにおいて重要な要素です。

次節では最適な施工業者の選び方について詳しく解説します。

最適な施工業者の選び方

リクシルのキッチンを選ぶことは重要ですが、それと同じくらい重要なのが施工業者の選び方です。

適切な施工業者を選ぶことでより品質の高いキッチンを長期間楽しむことができます。

以下に、施工業者選びのポイントをいくつか挙げてみましょう。

  • 経験と実績:施工業者の経験と実績は重要な選択基準です。長い期間業界で活動している業者は、多くの状況や問題に対処した経験があり、それが高品質な施工につながります。
  • 評判と口コミ:他の顧客からの評判や口コミも参考になります。良い評価が多い施工業者は、品質の良い施工と良好なアフターサービスを提供する可能性が高いです。
  • コミュニケーション能力:施工業者とのコミュニケーションは、キッチンリフォームの成功に不可欠です。あなたの要望を正確に理解し、適切な提案をする能力を持つ業者を選びましょう。
  • 保証とアフターサービス:長期的な視点から考えると、保証期間やアフターサービスも重要な選択基準となります。施工後のトラブルに迅速かつ適切に対応できる業者を選びましょう。

これらのポイントを踏まえて施工業者を選ぶことで、理想のキッチンを実現し、長期間にわたりその価値を享受することができます。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

リクシルキッチンリフォームの費用について

キッチンリフォームを検討する際には、やはり気になるのがその費用です。

素材や施工業者の選択だけでなく、予算も重要な選択基準となります。

そこで、リクシルのキッチンリフォームの大まかな費用について見ていきましょう。

リクシルのキッチンは商品ラインナップによって大きく価格が異なります。

ここでは、シエラ、ノクト(旧アレスタと同等)、リシェルSIという3つの商品について考えてみます。

  • シエラ:商品代と工事費の合計で約70万円からとなります。シエラはリーズナブルな価格帯でありながら、高品質で使いやすいキッチンとして人気です。
  • ノクト(旧アレスタと同等):こちらの商品は商品代と工事費の合計で約100万円からとなります。ノクトはデザイン性と機能性を兼ね備えたモデルで、より豊富な機能を求める方におすすめです。
  • リシェルSI:最上位モデルであるリシェルSIは商品代と工事費の合計で約140万円からとなります。リシェルSIは最高品質の素材と最新の機能を備え、リクシルの技術力を余すことなく体感できるモデルです。

これらの価格はあくまで参考であり、選択するオプションや施工内容によって変動します。

リフォームに際してはあらかじめ予算を決めておき、それに基づいて最適なモデルとオプションを選ぶことが大切です。

まとめ

リクシルのキッチンにおける天板素材選びは、日々の料理や家族との時間を左右する重要な決定です。

人造大理石はそのデザイン性と耐久性から注目を集めていますが、熱や液体のシミによる変色、重たいものを落とした際の割れやすさ、紫外線による黄ばみといったデメリットも理解しておくことが必要です。

他の選択肢としてステンレスやセラミックもあり、それぞれが独自のメリットとデメリットを持っています。

あなた自身のライフスタイルや好みに最も適した素材を選ぶことが、後悔しないキッチン選びにつながります。

また、適切な施工業者を選ぶことも大切です。

業者の経験と実績、評判と口コミ、コミュニケーション能力、保証とアフターサービスなどを考慮に入れて、最適な業者を選びましょう。

これらのポイントを踏まえてキッチン選びを行うことで、より快適なキッチンライフを長期間にわたって楽しむことができるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました