一体型トイレで後悔しないためのチェックポイントとは?

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

水廻りリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回は一体型トイレのリフォームについて解説していきます。

あなたはトイレを交換することを検討していますか?

それともすでに交換して、何かしらの問題で後悔しているのでしょうか?

どちらの状況でも、この記事があなたの悩みを解決する一助となるようトイレ交換、特に今回は一体型トイレについて解説をしていきます。

ここでは一体型トイレを選ぶ際のポイント、実際の使用感やメンテナンス、コストについての情報を紹介します。

「一体型トイレを選んだ後で後悔する」-そんな経験をしないための具体的な方法を学び、トイレ選びの自信と満足度を向上させることができます。

より良い選択をすることであなたの生活の質を向上させ、一体型トイレの持つ本来の機能を十分に活かすことができます。

この記事を読むことでわかること

  1. 一体型トイレを選ぶ際の注意点や評価基準:どのメーカーを選ぶべきか、どのような保証期間が必要か、自分の求める機能やサイズは何かなど。
  2. トイレの交換に必要な手順と、それを怠った場合に生じるリスク:トイレの交換が必要な目安や症状、交換を怠った場合のリスクなど。
  3. 一体型トイレの交換にかかる費用とその妥当性:交換にかかる費用の相場、その費用が妥当かどうか評価する方法など。

一体型トイレとは?

リフォームを考える上で知っておきたいのが「一体型トイレ」です。

この項目では、一体型トイレの基本的な特徴と他のトイレタイプとの違いについて解説します。

一体型トイレの基本的な特徴とは

一体型トイレとは、その名の通り、タンクと便器が一体になったトイレのことを指します。

分離型トイレに比べて見た目がスッキリしており、トイレ全体の清掃が楽という特徴があります。

  1. デザイン性: 一体型トイレはタンクと便器が一体化されているため、全体の形状がシンプルで、見た目に美しいとされています。これは、お客様がトイレに入ったときの印象を大きく左右します。
  2. 清掃性: 接合部がないため、掃除の手間が少なく綺麗を保つのが容易です。また、タンクがないタイプもあり、そのタイプではタンク内部の汚れや臭いを気にする必要もありません。
  3. 耐久性: 一体型トイレは便器とタンクが一体化されているため、部品の摩耗や故障が少なく、長持ちします。

これらの特徴から、特に新築やリフォームの際には一体型トイレが選ばれることが多くなっています。

分離型トイレ、タンクレストイレとの違い

さて、ここで分離型トイレ、そしてタンクレストイレの違いについて理解しましょう。

  1. 分離型トイレ: 分離型トイレは、便器と水洗タンクが別々の部品として製造・設置されるタイプのトイレです。分離型トイレの特徴は、一部の部品が故障した際に、その部分だけを修理・交換できる点です。ただし、分離型トイレはタンク部分が別体となっているため、見た目が大きく、掃除の手間も増えます。
  2. タンクレストイレ: タンクレストイレは、水洗タンクが無いタイプのトイレです。便器部分のみのシンプルな構造となっており、一体型トイレ同様にデザイン性が高いとされています。また、水洗タンクが無いため、洗浄音が静かなのも特徴です。ただし、初期導入費用は一体型トイレや分離型トイレに比べて高くなる傾向があります。

以上の特徴を考慮し、自宅の状況やライフスタイル、予算に合わせてトイレを選ぶことが重要です。

一体型トイレのメリットとデメリット詳細

一体型トイレを選ぶ理由として数々のメリットが挙げられますが、反面、デメリットも存在します。

この項目では、一体型トイレの具体的なメリットとデメリットについて詳しく説明します。

メリット①掃除がしやすい

一体型トイレの大きなメリットとしてまず挙げられるのが、「掃除がしやすい」点です。

タンクと便器が一体になっているため、トイレ周辺がスッキリとしてお掃除の手間が減ります。

特にタンクレスタイプはタンクの内部に汚れが溜まるという問題がないため、日々の掃除が楽になります。

メリット②コンパクトで空間に余裕

次に挙げられるメリットは、「コンパクトで空間に余裕ができる」点です。

一体型トイレはタンクと便器が一体化しているため、トイレ全体がコンパクトにまとまります。

これにより、トイレ空間が広く使えるため、狭いトイレをリフォームする際には特にメリットが大きいです。

メリット③節水効果

一体型トイレのもう一つのメリットは、「節水効果」です。

最新の一体型トイレは高度な節水機能を備えており、一回の洗浄で必要となる水量を大幅に減らすことが可能です。

これにより、水道料金の節約だけでなく、環境への配慮にもつながります。

メリット④価格が安め

そして最後のメリットは、「価格が安め」である点です。

一体型トイレは機能性やデザイン性が高い割に価格も安くなっています。

分離型に比べ初期費用を安く抑えることが可能です。

もちろん、グレードにより金額は上下しますのでご注意ください。

デメリット①故障すると全取り換えが必要

一方で、一体型トイレにはデメリットも存在します。

その一つが、「故障すると全取り換えが必要」という点です。

分離型トイレの場合、故障部分だけを交換すればよいですが、一体型トイレはタンクと便器が一体なので、故障した場合は全体を取り換える必要があります。

これにはそれなりのコストが発生します。

デメリット②温水洗浄便座部品の寿命が短い

また、「温水洗浄便座部品の寿命が短い」点もデメリットとされています。

一体型トイレには高機能な温水洗浄便座が付いていますが、これらの部品は劣化が早く、故障しやすい傾向があります。

そのため、長期的に見るとメンテナンスコストがかかる可能性があります。

これらのメリットとデメリットを考慮しながら、自分のライフスタイルや予算に合わせてトイレ選びをすることが大切です。

トイレの寿命と交換時期

トイレをリフォームする際に、トイレの寿命と交換時期を理解しておくことは非常に重要です。

トイレの寿命は何年なのか、どんな要素が寿命を左右するのか、ここではその詳細について解説します。

トイレの部品ごとの寿命

まず、トイレの寿命は一律に定められるものではありません。

トイレの寿命はその部品ごとに異なります。

具体的には以下の通りです。

  1. 便器:便器自体の耐用年数は長く、特に損傷がなければ20年以上は使用できるとされています。
  2. 温水洗浄便座:高機能トイレによく見られる温水洗浄便座は、一般的に7年~10年程度で劣化が進みます。
  3. タンク:タンクの寿命は大体10〜15年とされています。しかし、水質や使用状況により変わるため、早めの点検が推奨されます。

トイレの寿命を左右する要素

さて、トイレの寿命を左右する要素にはどのようなものがあるのでしょうか。

トイレの寿命は以下の要素によって左右されます。

  1. 使用頻度:自ずと、使用頻度が高いトイレは部品の劣化が早まります。
  2. 清掃状況:定期的な清掃を行い、汚れやカビをしっかり取り除いていれば、部品の寿命は長くなります。
  3. 水質:硬水地域では、水あかや水垢が発生しやすく、これがタンクや便座の劣化を早めます。

これらの要素を考慮し、状況に合わせたメンテナンスを行うことでトイレの寿命を延ばすことが可能です。

また、部品の劣化を放置せず、適切な時期に交換や修理を行うことが重要です。

一体型と分離型、選ぶのはどっち?

トイレリフォームの際、一体型トイレと分離型トイレ、どちらを選ぶべきか迷われる方も多いのではないでしょうか。

それぞれには特徴やメリット、デメリットがあります。

ここでは一体型トイレと分離型トイレの具体的な特徴と口コミを交えて解説します。

一体型トイレの具体的な特徴と口コミ

一体型トイレは、名前の通り便器とタンクが一体化したトイレのことを指します。

その最大の特徴はスッキリとしたデザインと独自の機能性です。

一体型トイレの利点は以下のとおりです。

  1. 清潔感:便器とタンクが一体化しているため、汚れが溜まりにくく、掃除がしやすい。
  2. コンパクトさ:タンクがないタイプは特にスペースを有効に使え、小さいトイレでも配置しやすい。
  3. 高機能:節水機能や温水洗浄機能など、様々な機能が付いている。

口コミでは、「デザイン性が高く、バスルームがスッキリとした印象になった」、「毎日の掃除がとても楽になった」といった意見が多く見られます。

分離型トイレの具体的な特徴と口コミ

一方、分離型トイレは便器とタンクが別々のタイプのトイレです。

一体型に比べると見た目はやや古風ですが、以下のような利点があります。

  1. 修理しやすさ:一部の故障に対して、部品だけを交換すれば良いため修理がしやすい。
  2. コスト:分離型トイレの方が修理費用が抑えられることが多い。

口コミでは、「故障したときに部品だけ交換できたので、コストを抑えられた」、「長く使い続けられるところが気に入っている」という意見が散見されます。

どちらを選ぶべきかは、ご自身のライフスタイルやリフォームの予算などを考慮して決めると良いでしょう。

一体型トイレの選び方と重要な要素

一体型トイレを選ぶ際は、様々な要素を考慮しなければなりません。

その中でも特に重要な要素は、メーカー、保証期間、そして自分が求める機能やサイズです。

これらの要素をしっかりと押さえ、あなたにとって最適な一体型トイレを見つけましょう。

基準1:メーカーで選ぶ

一体型トイレは高額な商品のため、信頼できるメーカーを選ぶことが大切です。

大手メーカーの製品はアフターサービスが充実していることが多く、故障時の対応も安心できます。

また、メーカーによって提供する機能が異なるため、ご自身のニーズに合ったメーカーを選びましょう。

基準2:保証期間

次に考慮すべきは保証期間です。

一体型トイレは一度設置すれば長い間使い続けるものなので、できるだけ長い保証期間を設定している商品を選ぶと安心です。

保証期間中に何か問題が起きた場合でも、メーカーや販売店に対応してもらうことができます。

基準3:自分が求める機能・サイズ

そして最後に、自分が求める機能とサイズを考慮します。

例えば、自動洗浄機能や節水機能、温水洗浄機能など、自分が重視する機能が搭載されているか確認しましょう。

また、トイレを設置するスペースの大きさに合わせて適切なサイズのものを選ぶことも大切です。

以上の3つの基準を考えながら、自分の生活スタイルやニーズに最適な一体型トイレを選んでください。

トイレの交換の注意点とリスク

トイレの交換は大工事ではありませんが簡単なものでもありません。

そのため、特に初めての交換の際は、注意点やリスクを理解しておくことが大切です。

具体的には交換の目安となる症状や兆候、交換しないで使用し続けた場合のリスク、そして交換に必要な手順を知ることが必要です。

トイレの交換の目安となる症状・兆候

トイレの交換の目安となる症状や兆候はいくつかあります。

例えばトイレの流れが悪くなった、洗浄水が溜まらない、トイレの床や壁に水漏れが見られるなどの症状が出た場合、トイレの交換を考えるべきかもしれません

また、使用しているトイレの寿命を考慮することも重要です。

一般的には、10年から15年が交換の目安とされています。

トイレを交換せずに使い続けた場合のリスク

トイレの交換が必要な兆候が見られるにもかかわらず、交換をせずに使い続けると様々なリスクがあります。

水漏れが続くと、床下や壁に湿気が溜まり、カビや腐朽の原因になることがあります。

また、故障が原因で水を大量に使用することになると、水道料金が高額になるリスクもあります。

トイレが正常に動作しないことで、生活の不便さを感じることもあるでしょう。

トイレの交換に必要な手順

トイレの交換にはいくつかの手順があります。

まず、既存のトイレを取り外し新しいトイレを設置する場所を整備します。

次に、新しいトイレを設置し水道や排水との接続を行います。

そして最後に、全ての機能が正常に動作することを確認します。

これらの手順は専門的な知識と技術が必要なため、リフォーム会社や専門業者に依頼するのが一般的です。

また、トイレ内の内装工事も行う場合は既存のトイレを外した後に行います。

以上のことを踏まえて、トイレの交換を行う際には兆候やリスクを理解し、適切な手順を踏むことが重要です。

一体型トイレ交換の費用とその妥当性

トイレの交換を検討する際、最も気になる点の一つが費用です。

特に一体型トイレの場合、分離型と比べて高価なイメージがあるかもしれません。

ここでは、一体型トイレ交換の費用とその妥当性について解説します。

一体型トイレの交換費用は、新たに購入するトイレの種類や機能、施工費用などにより大きく変動します。

平均的な範囲としては、トイレ本体と施工費を合わせて約12万円から25万円程度と考えると良いでしょう。

ただし、高機能なモデルを選んだり、取り付け位置の変更など複雑な作業が必要な場合は、これ以上の費用がかかることもあります。

この費用が妥当であるかどうかは、一体型トイレの特徴を理解することで判断できます。

一体型トイレはデザイン性が高く、スペース効率が良いという特長があります。

また、掃除が容易で、節水型のものも多く、長期的に見れば水道代の節約にもつながります。

一方で、一体型トイレは一部の部品が故障した場合でも、全体を交換する必要があるため、長期的な維持費用が高くなる可能性も覚えておく必要があります。

これらの特徴やメリット・デメリットを考慮し、自分のライフスタイルや経済状況に合わせて一体型トイレの交換が妥当であるかどうかを判断することが重要です。

また、交換費用を抑えるためには、リフォーム業者の選択も重要なポイントとなります。

いくつかの業者から見積もりを取り、料金と提供されるサービスを比較検討することをお勧めします。

トイレリフォームの費用について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。↓

優れたトイレリフォーム業者の選び方

トイレリフォームを成功させるためには、適切な業者選びが不可欠です。

以下に、優れたトイレリフォーム業者の選び方を箇条書きで説明します。

  1. 業者の実績と信頼性の確認: 過去の施工例や顧客のレビュー、評判を調査して、業者の実績と信頼性を確認しましょう。自分の求める品質とスタイルを満たしている業者を選びましょう。
  2. 見積もりの詳細性と明確性: 見積もりには、費用の内訳だけでなく、作業の詳細や所要時間、保証内容などが含まれているか確認しましょう。明確で詳細な見積もりを提供する業者は、信頼性が高いと言えます。
  3. アフターサービスの充実度: リフォーム後のトラブルや故障に迅速かつ適切に対応してくれる業者を選びましょう。アフターサービスが充実している業者は、リフォーム後も安心してトイレを使用することができます。
  4. 具体的な提案力: 自分の希望を正確に理解し、具体的な提案をしてくれる業者を選びましょう。これは、業者との初めての打ち合わせや相談で感じることができます。

以上のように、業者選びにおける4つの重要な観点を確認することで、トイレリフォームを成功させるための優れた業者を選ぶことができます。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

メーカーごとの一体型トイレのおすすめ

一体型トイレの選び方の一つとして、メーカーごとの特徴や評価を考慮することが重要です。

今回は、大手メーカーLIXILとTOTOの一体型トイレの中から、特に評価が高い商品を紹介します。

<LIXIL>プレアスLS、<LIXIL>アメージュZA

まずはLIXILの一体型トイレ、プレアスHSとアメージュZAについてです。

プレアスHSはスリムで洗練されたデザインが特徴で、コンパクトなトイレ空間でも快適に使用できます。

さらに、自動で便器を開閉する機能や節水型のフラッシュ機能など、高い機能性を持つ一方で操作はシンプルで直感的なため、幅広い年齢層から支持を受けています。

LIXIL プレアスLS 商品ページ

一方、アメージュZAは、その名の通り「快適なトイレ生活を提供する」というコンセプトのもと、洗浄力の強さや節水性に優れています。

また、節電機能も備えており、エコにも配慮した設計となっています。

LIXIL アメージュZA 商品ページ

<TOTO>GG1-800

次に、TOTOのGG1-800についてです。

この一体型トイレはそのコンパクトさと高い機能性から多くのユーザーから支持を受けています。

自動で便座を開閉する機能や節水型のフラッシュ機能、便座の温度調節など、一体型トイレのメリットを存分に活かした製品と言えます。

TOTO GG/GG-800商品ページ

これらの一体型トイレはそれぞれに独自の特長と高い機能性を持ち合わせており、使用者のニーズに応じて選べるのが魅力です。

リフォームを検討する際には、自分の生活スタイルや希望する機能を基に適切な一体型トイレを選びましょう。

まとめ

トイレリフォームにおいて一体型トイレは、そのデザインの美しさや機能性の高さから選ばれることが多いです。

しかし、その一方で初期投資が大きい、故障時の取り扱いが難しいといったデメリットも存在します。

そのため、リフォームを考える際には、一体型トイレのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自分のライフスタイルや予算に合わせた選択をすることが重要です。

以下に、これまでの話題の要点をまとめます。

  • 一体型トイレのメリット:美しいデザイン、掃除の手間が少ない、節水効果がある、スペースを有効に利用できる
  • 一体型トイレのデメリット:故障時の修理が困難、一部の部品の寿命が短い
  • 一体型トイレの選び方:メーカー、保証期間、求める機能やサイズを考慮
  • トイレの交換時期や注意点:寿命を左右する要素、交換の目安となる症状、交換せずに使い続けた場合のリスク
  • トイレの交換費用:新しいトイレ本体の価格、交換作業費、廃材処分費などを考慮
  • トイレリフォーム業者の選び方:実績と評判、対応力、見積もりの透明性

これらの要点を押さえ、自身のニーズに最も適した選択をすることで一体型トイレは長期間に渡って家族の生活を快適に支えてくれます。

リフォームを考える際にはしっかりと検討しあなたにとって最適な選択をしましょう。

よくある質問

リフォーム初心者の方々が一体型トイレに関してよく持つ質問について、簡単にわかりやすく説明します。

Q1: 一体型トイレの寿命はどれくらいですか?

A1: 一般的に一体型トイレの寿命は約20年から30年と言われています。しかし、これはあくまで目安であり、使用状況やメンテナンスの状態により変わることがあります。

Q2: 一体型トイレの交換にはどれくらいの費用がかかりますか?

A2: 一体型トイレの交換費用は大きく分けて3つ、新しいトイレ本体の価格、交換作業費、廃材処分費から成り立ちます。全体としては数十万円から百万円程度と考えると良いでしょう。詳細は業者に見積もりをとることをおすすめします。

Q3: 一体型トイレの故障の兆候は何ですか?

A3: 水が止まらない、排水が悪い、水漏れがあるなどは故障の兆候と考えられます。また、節水機能が正常に動作しない、ウォシュレットの機能が正常に作動しないなども故障の可能性があります。

Q4: 一体型トイレの選び方のポイントは何ですか?

A4: 一体型トイレの選び方のポイントとしては、メーカー、保証期間、求める機能やサイズなどが考えられます。また、自分のライフスタイルや予算に合った製品を選ぶことも大切です。

以上が一体型トイレに関するよくある質問とその回答です。

自分の状況に合った最適なトイレを選ぶためにも、十分に情報収集を行い、必要であれば専門家に相談することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました