30年前のユニットバスはまだ大丈夫?交換のタイミングとその理由

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

水廻りリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いているだいごです。

今回はユニットバスのリフォームについて解説していきます。

家を建ててから30年。

その間に家族が増えたり、子供が巣立ったり。

そんな家族の歴史と共に、一つの部屋がずっとあなた達を支えてきました。

それはユニットバスです。

しかし、30年もの間同じユニットバスを使ってきたあなたはその劣化や手入れの難しさに悩んでいませんか?

そこで今回は30年使用しているユニットバスを新しいユニットバスへ交換することをお勧めするリフォーム工事について紹介します。

新しいユニットバスはデザインだけでなく機能性も大きく進化しています。

交換することでより快適なバスタイムを得られることでしょう。

30年間使ったユニットバスの主な問題点

30年以上使用されてきたユニットバスはさまざまな問題を引き起こす可能性があります。

以下にその主な問題点をいくつか挙げてみましょう。

  • 構造的な問題: 長期間の使用によりユニットバスの壁や床が傷んだり、割れたりする可能性があります。また、設備が劣化して水漏れが発生したり配管が詰まったりすることもあります。
  • 清潔さの問題: タイルの間やバスの底にカビが生えやすくなり、清掃が困難になります。これは健康や美観に影響を及ぼす可能性があります。
  • 効率性の問題: 古いユニットバスの設備は新しいものに比べて効率が悪いことがよくあります。例えば節水型のシャワーヘッドや、保温機能に優れた浴槽を使用していない場合、水道料金や電気代が無駄になる可能性があります。

これらの問題を解決するための一つの方法は新しいユニットバスに交換することです。

新しいユニットバスは劣化した設備を一新し、快適さと効率性を改善します。

さらに最新のユニットバスは節水機能や保温に優れた浴槽など、エコな設備が標準装備されていることが多いです。

これらの機能は長期的に見て家計の節約につながります。

ユニットバスの寿命と交換工事

ユニットバスの寿命は製品自体の品質や使用状況によりますが、一般的には約20~30年と言われています。

その期間を超えると劣化や清掃の難しさからさまざまな問題が生じる可能性があります。

例えば排水機能が悪くなったり、シャワーの水圧が低下したり、またはカビや錆が発生したりすることがあります。

30年以上使用されているユニットバスは特にこれらの問題に見舞われやすく、それらは日常生活に影響を及ぼします。

新しいユニットバスへの交換は家の中で最も使用頻度の高いこの場所を清潔で快適に保つための最善の手段となるでしょう。

ユニットバスの交換には以下のステップが含まれます。

  • 既存のユニットバスの解体:既存のユニットバスは、新しいものと交換するためにまず解体されます。騒音やほこりも多く出ますしお風呂を使えない日も出来てしまうので注意しましょう。
  • 新しいユニットバスの設置:解体後、新しいユニットバスが適切に設置されます。これには、ユニットを正しい位置に設置し必要な配管工事を行う作業が含まれます。
  • 接続工事:新しいユニットバスが設置された後、水道と排水の接続工事が行われます。これにより、新しいユニットバスが正常に機能するようになります。
  • 最終的な清掃と検査:全ての工事が終了した後、ユニットバスは清掃されすべてが正しく機能することを確認するための最終検査が行われます。
  • 壁の補修と内装工事:ユニットバスの交換工事を行う際には浴室ドア枠も交換をします。その際、壁も一部補修をすることが多いです。また、洗面室側の壁クロスの張替えも行うことがほとんどです。床はそのままでも問題ないことも多いですがクッションフロアの場合、この際に張替えを行う方が多いです。

以上のステップを経てあなたのユニットバスは生まれ変わり、新たな30年のサイクルを始めることができます。

ユニットバス交換時の注意点

ユニットバスの交換には慎重さと計画性が求められます。

一部を取り換えるだけでなくバスルーム全体をリニューアルするため、いくつかの重要な注意点を頭に入れておくことが重要です。

  • 適切な業者の選定: ユニットバスの交換は専門的な技術を必要とします。業者選びはとても重要で、資質や評判、過去の施工実績を確認し、見積もりを比較検討しましょう。
  • 予算の計画: ユニットバスの交換は費用がかかります。必要な作業とそれに伴う費用を正確に把握し、予算を計画しましょう。
  • リフォームのスケジュール: ユニットバスの交換工事は数日から1週間程度かかることが一般的です。その間、お風呂を利用することができないので、工事期間のスケジュールを事前に確認し、生活スケジュールに組み込みましょう。
  • 新しいユニットバスの選択: デザインだけでなく、機能性や耐久性も考慮して新しいユニットバスを選びましょう。また、家族のライフスタイルや必要な機能を考えて選ぶことが大切です。
  • 周辺環境への配慮: 解体や設置作業は騒音やほこりを発生させます。隣人への配慮や、作業中の家の中の清潔さを維持するための対策を考えておきましょう。
  • 壁の補修と内装工事: ユニットバスの交換工事を行う際には浴室ドア枠も交換をします。その際、壁も一部補修をすることが多いです。また、洗面室側の壁クロスの張替えも行うことがほとんどです​​。

以上のような注意点を把握しておくことで、スムーズなユニットバスの交換が可能となります。

新しいユニットバスへの交換のメリット

新しいユニットバスに交換することで、多くのメリットがあります。

以下にその主なメリットをいくつか挙げてみましょう。

  • 快適さの向上: 新しいユニットバスは設計や機能面で大幅に進化しています。例えば、広々とした浴槽、高品質のシャワーヘッド、防カビ機能などがあります。これらは、毎日のバスタイムをより快適でリラクゼーションの時間に変えてくれます。
  • 効率と節約: 最新のユニットバスは、節水機能や保温機能に優れた浴槽など、エコな設備が標準装備されていることが多いです。これにより、水道料金や電気代の節約が期待できます。
  • デザインと美観: モダンなデザインの新しいユニットバスは、お家全体の美観を向上させます。色や材質の選択肢も豊富なのでお家の雰囲気に合わせたバスルームを作ることができます。
  • メンテナンスの簡易性: 新しいユニットバスは古いものに比べて清掃が簡単で、カビの発生を防ぐ機能もあります。これによりメンテナンスが簡単になり、常に清潔な状態を保つことができます。

これらのメリットを考えると、30年間使用したユニットバスを新しいものに交換することは、非常に賢明な選択と言えるでしょう。

ユニットバス交換の費用と期間

ユニットバスの交換には費用と時間が必要です。

ここでは、一般的なユニットバス交換の費用と期間について説明します。

  • 費用: ユニットバスの交換費用は、選ぶユニットバスのタイプやブランド、機能、そして工事の規模によりますが、大まかには80万円~100万円程度が一般的です。ただし、これはあくまで目安であり、詳しい見積もりはリフォーム業者に依頼する必要があります。
  • 期間: ユニットバスの交換期間は現場の状況や工事の規模によりますが、通常は3日間~5日程度を見ておくと良いでしょう。しかし、これもあくまで目安であり、具体的な工事期間はリフォーム業者との打ち合わせで決まります。

ユニットバスの交換には費用と時間がかかりますがその結果得られる快適さと利便性を考えると、それらは十分に価値がある投資と言えるでしょう。

そして、適切なリフォーム業者を選ぶことでスムーズで安心できる工事が期待できます。

信頼できる施工業者の選び方

ユニットバスの交換は大きな工事であり、その成功は選ぶ施工業者に大いに依存します。

信頼できる施工業者を選ぶためのポイントを以下にまとめました。

  • 実績と評判: 施工業者の過去の実績や評判をチェックします。口コミや評価をオンラインで調査したり、近所の人々に尋ねたりすると良いでしょう。
  • 見積もりと説明: 複数の業者から見積もりを取り、それぞれが提案する工事内容や費用を詳しく説明してもらいます。明確な説明がなされ、納得できる提案をする業者が信頼できる業者と言えます。
  • アフターサービス: 工事後のアフターサービスも重要なポイントです。何か問題が発生した場合に対応してくれるか、定期的なメンテナンスはあるかなどを確認しましょう。
  • 信頼性と透明性: 最後に、業者が全体的に信頼性と透明性を持っているかどうかを評価します。明瞭な価格設定、約束を守る、連絡がスムーズなど、信頼性の高い業者を選びましょう。

これらのポイントを基に信頼できる施工業者を選び、安心してユニットバスの交換工事を進めていきましょう。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

ユニットバスのメンテナンス方法

ユニットバスを長持ちさせ常に清潔で快適に保つためには、適切なメンテナンスが欠かせません。

以下に、ユニットバスのメンテナンス方法についていくつかのポイントをご紹介します。

  • 日常的な清掃: バスルームは湿度が高く、カビや菌の発生に最も適した環境です。そのため、日常的に清掃を行い、ユニットバスを清潔に保つことが重要です。特にシャワーや浴槽、壁、床などは定期的に清掃しましょう。
  • 適切な洗剤の使用: ユニットバスの材質によっては、一部の洗剤が適していない場合があります。そのため、洗剤を選ぶ際にはユニットバスのメーカーや材質に適したものを使用することが必要です。
  • 定期的な換気: ユニットバスは湿度が高くなりがちなので、定期的な換気が必要です。換気を行うことで湿度を下げ、カビや菌の発生を防ぎます。特にお風呂上がり後は換気扇をしっかりと使用しましょう。
  • 部品の点検: ユニットバスのシャワーヘッドや蛇口などの部品は定期的に点検し、必要に応じて交換することが推奨されます。これにより、早期に問題を発見し大きなトラブルを未然に防ぐことができます。
  • プロによる定期的なメンテナンス: ユニットバスのメンテナンスは自分で行うことが大部分ですが、一部の作業はプロに依頼することが必要です。例えば、排水口の掃除やシャワーホースの交換などは専門的な知識や技術が必要な場合があります。また、定期的にプロによる点検を受けることで見落としていた問題を発見し、早期に対処することが可能です。

これらのメンテナンスを行うことで、ユニットバスは長持ちし、常に清潔で快適な状態を保つことができるはずです。

まとめ

30年使用したユニットバスを新しいものに交換することは、住環境の大幅な改善をもたらします。

古いユニットバスは清潔さや機能性が低下していることが多く、新しいユニットバスに交換することで毎日の生活がより快適になります。

本記事ではユニットバスの交換が必要な理由、新しいユニットバスの選び方、交換にかかる費用と期間、そして信頼できる施工業者の選び方について説明しました。

ユニットバスの交換は大きな工事ではありますが、その結果得られる新しいバスルームの利便性と快適さはその労力と費用を十分に補ってくれます。

ぜひ、この記事を参考にあなたのバスルームをより快適な空間へと進化させてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました