トリプルサッシを導入する前に知っておきたい、後悔する点は?

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

窓・サッシリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回はトリプルサッシについて解説していきます。

新しい窓を選ぶ際、最先端の「トリプルサッシ」に興味を持っているけれど、本当にその価値があるのか、後悔しない選択をするためにはどうすればいいのか、と悩んでいませんか?

トリプルサッシのメリットと、それを最大限に活かすためのポイント、そして後悔の声から学ぶ注意点まで、網羅的に解説していきます。

「トリプルサッシ」での後悔は情報不足や誤った選択から生まれることが多いです。

しかし、正しい知識とポイントを押さえれば、後悔することなく快適な生活空間を手に入れることができるはずです。

この記事のポイント

  • トリプルサッシのメリット: トリプルサッシの高い断熱性や遮音性など、他の窓と比較した際の優れた特性を解説します。
  • 後悔の声から学ぶ注意点: トリプルサッシを導入した際の実際のユーザーの声や経験をもとに、避けるべきポイントや注意すべき事項を知ることができます。
  • トリプルサッシの選び方: 正しい情報と選び方のポイントを知ることで、後悔せずに最適な選択をするための方法を学ぶことができます。

トリプルガラス(サッシ)とは?

トリプルガラスとは、文字通り3枚のガラスを組み合わせた窓ガラスのことを指します。

一般的な窓ガラスは1枚または2枚のガラスでできていますが、トリプルガラスはその名の通り3枚のガラスを使用しています。

例えば、サンドイッチのように、中央のガラスの両側にさらにガラスが配置されています。

この3枚のガラスの間には空気や特殊なガスが封入されており、これによって断熱性や遮音性が高まります。

具体的なメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 断熱性: 3枚のガラスとガスの層が、外部の冷気や暖気をしっかりと遮断します。これにより、室内の温度を安定させやすくなります。
  • 遮音性: 外部の騒音を大きく低減させることができます。特に交通量の多い道路沿いなどでの騒音対策として有効です。
  • 結露防止: 3枚のガラスが結露を防ぐ効果があります。これにより、窓周りのカビの発生を抑えることができます。

このように、トリプルガラスは多くのメリットを持っていますが、その分価格は高くなる傾向があります。

しかし、長期的に見ればエネルギーの節約や快適な生活空間の実現のための投資として、多くの家庭で導入が検討されています。

窓の役割とは

そもそも窓の役割とは

窓は家の中と外をつなぐ重要な部分です。

主な役割として、光を取り入れる、外の景色を楽しむ、空気の流れを作るなどがあります。

また、窓は断熱や遮音、防犯の役割も果たします。

具体的には以下のような役割が考えられます。

  • 光の取り入れ: 日中は窓からの自然光で部屋を明るくし、電気代を節約できます。
  • 通気: 窓を開けることで新鮮な空気を取り入れ、室内の空気を循環させることができます。
  • 断熱・遮音: 窓の種類や材質によって、外部の温度や騒音を遮断し、室内の快適性を保つことができます。
  • 景色の楽しみ: 窓からの景色は、心の安らぎやリラックス効果をもたらします。

窓ガラスの種類

窓ガラスにはいくつかの種類があり、それぞれの特性や用途に応じて選ばれます。

  • 単板ガラス: 1枚のガラスのみで構成されています。基本的な窓ガラスとして広く使用されていますが、断熱性や遮音性は低いです。
  • ペアガラス: 2枚のガラスを使用し、間に空気層を持つことで断熱性や遮音性を向上させています。
  • トリプルガラス: 3枚のガラスを使用し、さらに高い断熱性や遮音性を持っています。

サッシの種類

サッシとは、窓ガラスを取り付けるための枠のことを指します。

サッシにもいくつかの種類があり、それぞれの特性や用途に応じて選ばれます。

  • アルミ: 耐久性が高く、メンテナンスが容易ですが、断熱性は低めです。
  • 樹脂サッシ: 断熱性や遮音性に優れており、軽量で扱いやすいです。
  • アルミ樹脂複合サッシ: アルミと樹脂の良い点を組み合わせたもので、耐久性と断熱性を兼ね備えています。

メリット・デメリット

トリプルガラスは、その名の通り3枚のガラスを組み合わせた窓ガラスのことを指します。

近年、エコ住宅や高断熱住宅の普及に伴い、多くの家庭で導入が検討されています。

その理由は、トリプルガラスの持つ多くのメリットにあります。

断熱性が高い

断熱性とは、外部の温度変化を室内に伝えにくくする性質のことを指します。

トリプルガラスは、3枚のガラスと2つの空気層が、外部の冷気や暖気をしっかりと遮断します。

これにより、夏は涼しく、冬は暖かい室内を保つことができます。

結露が起こりにくい

結露は、窓ガラスの表面に水滴がつく現象です。

トリプルガラスはその高い断熱性により、窓ガラスの表面温度が下がりにくく、結露を防ぐ効果があります。

これにより、窓周りのカビの発生を抑えることができます。

遮音効果が高い

遮音効果とは、外部の騒音を低減させる性質のことを指します。

トリプルガラスは3枚のガラスと2つの空気層が、外部の騒音を大きく低減させる効果があります。

特に交通量の多い道路沿いなどでの騒音対策として有効です。

防犯性に優れている

トリプルガラスは3枚のガラスを組み合わせているため、物理的な強度が高くなります。

これにより、窓ガラスを割っての侵入を難しくし防犯性を高める効果があります。

トリプルサッシで後悔した事例とその回避方法

トリプルサッシは、トリプルガラスを取り付けるための窓の枠のことを指します。

その高い性能から多くの家庭での導入が進んでいますが、一方で後悔する声も少なくありません。

以下では、実際の後悔事例とその回避方法を紹介します。

トリプルサッシで後悔した事例①「価格が高かった」

トリプルサッシは、その高い性能のために価格が高くなる傾向があります。

初期投資が大きいため、予算を超えてしまうことがあるという声も。

回避方法

  • 事前に複数の業者から見積もりを取得し、比較検討する。
  • トリプルサッシの必要性を再評価し、部屋ごとや方角ごとに最適なサッシを選択する。

トリプルサッシで後悔した事例②「寿命が短い」

一部の製品や施工方法によっては、期待したほどの寿命が得られない場合があるとの報告があります。

回避方法

  • 信頼性の高い業者を選択する。
  • 定期的なメンテナンスや点検を行う。

トリプルサッシで後悔した事例③「開け閉めが重い」

3枚のガラスを持つトリプルサッシは、その重さから開け閉めが重く感じることがあるという意見があります。

回避方法

  • 取り付け前に実際の動きを確認する。
  • 必要に応じて、開閉をサポートする部品を追加する。

トリプルサッシで後悔した事例④「防犯性は高くならない」

トリプルガラス自体の強度は高いものの、サッシの部分が弱点となり、防犯性が高まらないとの声も。

回避方法

  • サッシの材質や形状を選ぶ際に、防犯性を重視する。
  • 追加で防犯対策を施す、例えば防犯フィルムの導入など。

リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

トリプルガラスの選び方と取り入れるコツ

トリプルガラスは近年のエコ住宅や高断熱住宅の普及に伴い、多くの家庭での導入が進んでいます。

しかし、トリプルガラスにもさまざまな種類や性能があり、どれを選ぶかが重要です。

以下では、トリプルガラスの選び方とその特性について解説します。

ガラスの種類で性能をアップ

トリプルガラスを選ぶ際、ガラスの種類や中に封入されるガスの種類によって、性能が大きく変わります。

適切なガラスやガスを選ぶことで、断熱性や遮音性を最大限に引き出すことができます。

トリプルガラスの仕組みは?

基本的に、トリプルガラスは3枚のガラスを組み合わせています。

これらのガラスの間には特殊なガスや真空が封入されており、これによって高い断熱性や遮音性を実現しています。

アルゴンガス・クリプトンガスを封入

アルゴンガスやクリプトンガスは、ガラスの間に封入されるガスの一例です。

これらのガスは空気よりも断熱性が高いため、ガラスの間に封入することでさらに高い断熱効果を得ることができます。

真空タイプ

真空タイプのトリプルガラスはガラスの間に空気を完全に取り除いた真空状態を作ることで、熱の伝わりを大きく抑えることができます。

これにより、非常に高い断熱性を持っています。

Low-Eガラス

Low-Eガラスはガラス表面に特殊な薄膜をコーティングすることで、太陽の熱を反射し、室内の温度を安定させる効果があります。

特に夏の暑さや冬の寒さを感じる地域での導入がおすすめです。

トリプルガラス(サッシ)の交換費用を徹底解説

家の断熱性や遮音性を向上させるために、多くの方がトリプルガラスへの交換を検討しています。

しかし、その費用やリフォームの方法についての知識がないと、どれくらいの予算を準備すれば良いのか、どのような工事が必要なのかがわかりません。

ここでは、トリプルガラス(サッシ)の交換に関する費用やリフォームのポイントをわかりやすく解説します。

トリプルガラスへの交換の費用相場

トリプルガラスへの交換をプロに依頼する場合、費用はいくつかの要因によって変動します。

これには、窓の大きさや取り付けるガラスの種類、業者の料金体系などが影響します。

平均的な費用相場:

  • 小窓(約900mm x 900mm): 50,000円~100,000円
  • 中窓(約1,200mm x 1,200mm): 100,000円~150,000円
  • 大窓(約1,800mm x 1,800mm): 150,000円~250,000円

上記の価格はあくまで一般的な相場であり、具体的な費用は業者に見積もりを取ることで確認する必要があります。

付加的な工事や特殊なガラスを選択すると、費用が上昇することがあります。

トリプルガラスへのリフォーム

トリプルガラスへのリフォームは、単にガラスを交換するだけでなく、窓枠やサッシの強度を確認し、必要に応じて補強する作業も含まれます。

リフォームの流れ:

  1. 現状の窓やサッシの確認
  2. トリプルガラスの選定
  3. 既存のガラスの取り外し
  4. 新しいトリプルガラスの取り付け
  5. 窓枠やサッシの補強(必要に応じて)

注意点:

  • トリプルガラスは重いため、窓枠やサッシの補強が必要な場合があります。
  • リフォームの際は、専門の業者に依頼することで、安全かつ適切な工事が行われることを確認しましょう。

施工業者の選び方

トリプルガラスの導入を検討する際、適切な施工業者の選び方は非常に重要です。

正しい業者を選ぶことで質の高い工事を受けることができ、長期的な満足度も高まります。

ここでは施工業者を選ぶポイントを解説します。

業者選びのポイント:

  1. 実績や評判の確認: 過去の施工例や口コミ、評価をチェックしましょう。
  2. 見積もりの取得: 複数の業者から見積もりを取得し、内容や価格を比較します。
  3. 対応の良さ: 問い合わせ時の対応や説明の丁寧さも大切な選定基準です。
  4. 保証制度: 工事後のアフターサポートや保証期間があるか確認しましょう。
  5. 専門知識: トリプルガラスの特性や最新の技術情報を持っているか確認することで、信頼性を感じることができます。

トリプルガラスを取り入れてエコな暮らしを実現しよう

トリプルガラスはその高い断熱性能と遮音性で、エコな暮らしをサポートします。

冷暖房の効率が上がり、エネルギー消費を抑えることができるため、電気代の節約にも繋がります。

また、外部の騒音を遮断することで快適な生活空間を実現することができます。

エコな暮らしのメリット:

  • 電気代の節約: 冷暖房の効率が上がることで、電気代を大幅に節約できます。
  • 快適な生活空間: 高い遮音性で、外部の騒音を気にせずに過ごすことができます。
  • 環境への貢献: エネルギー消費を抑えることで、CO2排出量の削減にも繋がります。

まとめ

トリプルガラスの導入は、家の断熱性や遮音性を大幅に向上させる効果的な方法です。

しかし、その導入やリフォームには多くのポイントが存在し、正しい知識や情報を持つことが非常に重要です。

この記事ではトリプルガラスに関する基本的な情報や選び方、注意点などを解説しました。

主なポイント:

  • トリプルガラスは、高い断熱性能遮音性を持つ窓ガラスです。
  • 正しい施工業者の選び方や、トリプルガラスのメリット・デメリットを理解することが大切です。
  • トリプルガラスの導入は、エコな暮らしを実現するための有効な手段となります。
  • 費用やリフォームの方法など、具体的な情報を事前に確認し、計画的に進めることが推奨されます。

最後にトリプルガラスの導入やリフォームは、家の快適性やエコロジーを追求する上での大きなステップとなります。

適切な情報や知識を持ち、最良の選択をすることでより良い生活環境を手に入れることができるでしょう。

よくある質問

Q1: トリプルサッシって何?普通の窓とどう違うの?

A1: トリプルサッシは、三重のガラス層を持つ窓のことを指します。

普通の窓(シングルガラスやダブルガラス)と比べて、トリプルサッシは断熱性や遮音性が非常に高いのが特徴です。

これにより、部屋の温度を安定させやすくなり、外部の騒音を大幅に軽減することができます。

Q2: トリプルサッシを取り付けるメリットは?

A2: トリプルサッシを取り付ける最大のメリットは、その高い断熱性能と遮音性です。

これにより、冷暖房の効率が向上し、電気代の節約が期待できます。

また、外部の騒音を大幅にカットするため、静かで快適な生活空間を実現することができます。

さらに、結露の発生も抑えられるため、健康や住環境の向上にも寄与します。

Q3: トリプルサッシの取り付けやメンテナンスには、特別な手間やコストがかかるの?

A3: トリプルサッシの取り付けは専門的な技術を要するため、プロの施工業者に依頼するのが一般的です。

そのため、ダブルガラスやシングルガラスに比べて初期費用は高くなることがあります。

しかし、長期的に見れば、エネルギーコストの節約や快適な生活環境の実現によるメリットが大きいです。

メンテナンスに関しては特別な手間は不要ですが、定期的な清掃や数年に一度の点検を行うことで、長持ちさせることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました