後悔しないトイレのクッションフロア選び:プロのリフォームガイド

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

内装リフォーム

リフォーム業界で10年以上働いているだいごです。

今回はトイレのクッションブロアについて解説していきます。

私たちの生活空間で特に重視されるトイレ。

その一部として床材の選択は実用性とデザイン、両方を兼ね備えたものでなければなりません。

最近多くのお宅で使用されているのがクッションフロアです。

その人気の秘密はそのデザイン性の高さと快適な歩行感、そして水に強く張替え費用も安いという点ににあります。

しかし、一口にクッションフロアと言ってもその種類は豊富。

一体どのように選べばよいのでしょうか?

本記事ではあなたがトイレのクッションフロア選びで後悔しないためのヒントをご紹介します。

選び方の注意点、クッションフロアタイルのメリット、施工業者の選び方、そしておおよその費用について詳しく解説していきます。

トイレリフォームをお考えの方、クッションフロアに興味のある方はぜひご覧ください。

重要なのは機能性、デザイン、清掃の容易さ

トイレのクッションフロアを選ぶ際には、次の3つの重要な要素を考慮する必要があります。

  1. 汚れに対する耐性: トイレは湿度が高く、また頻繁に汚れる空間です。そのため、選ぶクッションフロアは汚れにくいものであることが良いです。素材や品質によっては、汚れに目立つもの(真っ白なもの)や目地にほこりが溜まるものが存在します。選ぶ際にはこれらの要素をしっかりと確認しましょう。
  2. デザイン 美しいデザインは大切ですがそれだけで選んでしまうと、周りの壁紙や建具と合わずごちゃごちゃ感が出てしまう可能性があります。また、小さく切り取ったサンプルと全体を貼った際ではデザインが異なる場合があります。例えばサンプルは無地に見えたが全体図では柄があるということがあるので注意してください。
  3. 清掃の容易さ: トイレは日々清掃を行う空間です。そのため、掃除がしやすい素材を選ぶことで、長期間にわたって美しいトイレ空間を保つことができます。上述した様にほこりが溜まりにくい凹凸のないものにする方が清掃は楽になるでしょう。

これらの要素を基に自分のライフスタイルや使用状況に最適なクッションフロアを選ぶことが、後悔しない選択につながります。

快適さ、デザイン性、費用が魅力

クッションフロアタイルは、その多様性と実用性からトイレリフォームにおいて人気の選択肢となっています。

以下に、クッションフロアタイルの3つの主な魅力を挙げてみましょう。

  1. 快適な歩行感: クッションフロアタイルはその名の通りクッション性があり、歩行時の硬さや冷たさを和らげてくれます。特に冬場などはフローリングやタイルとの違いを大いに感じるでしょう。
  2. デザイン性: クッションフロアタイルは色やパターンのバリエーションが豊富で、独自のトイレ空間を演出することが可能です。木目調、石調、無地、モダン、レトロ等、好みやインテリアに合わせて選べるのが魅力です。
  3. 費用: クッションフロアはトイレに使用する床材の中でも安価に施工ができる素材です。通常のトイレのサイズであれば2万円~3万円で張替えが可能でこれは、フローリングやタイルと比べると半額かそれ以下の金額となります。

これらの要素から、クッションフロアタイルはトイレ空間を効率的かつ美しく使うための優れた選択肢と言えるでしょう。

施工業者選びのポイント:信頼性、評価、経験、専門知識

クッションフロアを最適な状態で使用するためには、適切な施工が重要です。

以下に、良い施工業者を選ぶための4つのポイントを挙げます。

  1. 信頼性: 信頼性は施工業者選びの最も基本的な要素です。見積もりに透明性があり、しっかりとした保証制度を設けている業者を選ぶことをお勧めします。
  2. 評価: 元クライアントからの評価やレビューをチェックすることで、業者の信頼性や品質を評価できます。また、施工例を見ることでその業者の技術力を把握することができます。
  3. 経験: クッションフロアの施工経験が豊富な業者は、問題を迅速に解決し、高品質な仕上がりを提供する可能性が高いです。短時間で施工は終わるので簡単に思うかもしれませんが、きれいに仕上げるにはしっかりとした技術が必要となります。
  4. 専門知識: トイレの特性を理解し、クッションフロアの特性を最大限に引き出すための知識を持った業者を選ぶことが重要です。

これらのポイントを基に施工業者を選ぶことで、クッションフロアを長期間にわたり快適に使用することができます。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

クッションフロアリフォームの費用

クッションフロアリフォームの費用は、施工範囲、施工業者により大きく変わることがあります。

以下に、費用に関する考慮点をいくつか挙げます。

  1. 予算設定: まず始めに自分のリフォーム予算を明確に設定することが重要です。それにより、どの範囲のクッションフロアや施工業者を対象に選択を進めていくかが決まります。
  2. クッションフロアの価格: クッションフロアの価格はその品質、デザイン、サイズなどにより異なります。とはいえ、一般住宅で使用するものはほとんどが一律の金額なことが多いです。
  3. 施工費: 施工費は業者により異なるため、複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。また、施工範囲や難易度により費用が変わることもあります。クッションフロアだけの張替えか、クロスも張り替えるのか、別の部屋の内装工事も行うかで費用が変わってきます。
    *一般的には広範囲の内装工事を行う際はトイレのクッションフロア張替えのみよりも割安になります。
  4. 費用対効果: 費用対効果を理解し、長期的な視点から考えることも重要です。初期費用が高くても、耐久性やメンテナンスの容易さなどを考慮すると結果的には経済的な選択となることもあります。DIYでも良いのですが年数が経つとやはり剝がれてきてしまうという事例が多く発生しています。

リフォームは一見大きな出費に見えるかもしれませんが、適切な選択を行えば快適なトイレ空間を長期間にわたり享受することが可能です。

まとめ

トイレのクッションフロア選びについて色々と書いたので複雑に思えるかもしれませんが、適切な知識と情報を持つことでスムーズに選択を進めることができます。

以下に、本記事で触れたポイントを再度挙げます。

  1. フロア選びのポイント: 機能性、耐久性、清掃の容易さを基に選びましょう。
  2. クッションフロアタイルの魅力: 快適な歩行感、デザイン性、多様性を活かしましょう。
  3. 施工業者選びのポイント: 信頼性、評価、経験、専門知識を考慮しましょう。
  4. 費用について: 自身の予算設定を明確にし、クッションフロアの価格と施工費を理解し、費用対効果を考えましょう。

以上の情報を参考に、あなた自身のライフスタイルやニーズに合ったクッションフロアと施工業者を選び、トイレリフォームを成功させてください。

後悔しない選択を行うために、必要な情報をしっかりと集め、慎重に選ぶことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました