サンルーム増築!コスパ最強のおしゃれリフォーム

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

屋外リフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回はサンルームの増築について解説していきます。

「自宅にサンルームを増築したいけど、どうすればおしゃれにできるのだろう…?」とお悩みではありませんか?

この記事を読めば、サンルームを増築する際のポイントやおしゃれに仕上げるためのデザインのコツをしっかりと押さえることができます。

サンルームの増築は一見するとやや複雑で、商品の選び方から工事費用、さらにはメリットとデメリットまで、知っておくべきことが山ほどあります。

そんなあなたのために、サンルームの増築に関する全ての情報を分かりやすく解説しています。

この記事を読むことで、サンルームの増築リフォームの具体的な費用相場から、おしゃれなデザインの実現方法、さらには活用事例まで、全てが明確になるはずです。

さらに、信頼できる施工業者の選び方も紹介しますので、あなたの理想とするサンルームを手に入れるお役に立てると思います。

ステイホーム中も自宅で日光浴!サンルームとは?ガーデンルームやテラスとの違い

出典:LIXILサニージュカタログ

サンルームは自宅の一部になりつつ、窓ガラスで囲まれています。

これにより、自然光をたっぷりと取り入れ、四季を通じて楽しむことが可能です。

つまり、家の中にいながら屋外の明るさと温度を感じることができるのです。

具体的な例としては日光がたっぷり入るこのスペースを書斎にする人もいます。

こうすれば一年中、自然光の下で読書を楽しむことができます。

しかし、このサンルームと似て非なる存在として「ガーデンルーム」と「テラス」があります。

ガーデンルームとの違い

ガーデンルームはサンルームとは異なり、植物に囲まれた空間となります。

この部屋は自然を愛でるためのもので、特に緑の植物や美しい庭が主役となる場所です。

ただし、このガーデンルーム、温度調節が難しい面があります。

具体的な例を挙げると色とりどりの植物に囲まれたガーデンルームは美しいですが、夏は暑く、冬は寒いという問題が出てきます。

したがって、ガーデンルームはサンルームとは違い自然と一体となった空間を提供するものの、温度管理には注意が必要です。

テラスとの違い

次にテラスについてですが、これは開放的な空間で家の外部に設けられます。

そのため、天候に左右されやすいという特徴があります。

具体的な例としては、素敵な家具を配置してリラックスするスペースとして利用されることが多いテラスですが、雨の日には使えないという問題があります。

したがって、テラスはサンルームとは異なり、開放的ながら天候による影響を受けやすい空間となります。

以上のようにそれぞれ特徴と利点、そして注意点があります。

自分のライフスタイルや好みに合わせて選び、自宅での時間をより豊かにすることができます。

サンルーム増築リフォームの費用相場とは?

サンルーム増築リフォームの費用相場は約40万円から110万円です。

 4〜7㎡ほどの広さのものが人気で、費用はこの広さにより異なります。

【h3】サンルーム増築(後付け)のリフォーム費用:商品の価格

サンルームの商品価格はそのサイズや使用する材料、付属する設備によります。

例えば一般的なサイズであれば、大体30万円から50万円程度が相場となります。

しかし、大きなサンルームを希望する場合や特殊なガラスを使用したり、高級な家具を設置したい場合はこれ以上の費用が必要になるでしょう。

サンルーム増築(後付け)のリフォーム費用:工事費用の価格

一方、商品価格だけでなく工事費も重要なポイントです。

この工事費は既存の家の構造やサンルームの設置場所、工事の難易度によります。

例を挙げるとシンプルな形状のサンルームで、既存の家の構造が工事を容易にする場合、工事費用は大体10万円から30万円程度が相場となるでしょう。

ただし、家の構造が複雑で工事が難しい場合や特殊な設計を要求する場合、工事費はこれ以上になる可能性があります。

予算を抑えておしゃれなサンルームを実現する方法

しかし、これらの費用を抑えつつ、自分好みのサンルームを手に入れる方法もあります。

予算を抑えておしゃれなサンルームを実現する方法として、以下のようなことが挙げられます。

  • サイズや形状、取り付け場所に応じてお手頃な商品を選ぶ
  • オプションを選択する際に必要最低限のものだけにする
  • リフォーム業者としっかりとコミュニケーションを取り、予算内で最適なプランを提案してもらう

以上のように、サンルームのリフォーム費用は商品価格と工事費から成り立っています。

これらを理解し自分の希望と予算を照らし合わせながら進めることで、理想のサンルームを実現することが可能です。

おしゃれなサンルームのメリットとデメリット

サンルームは家庭のリラクゼーションスペースとして、また季節を問わずに自然光を楽しむ場として注目されています。

しかし、その設置にはメリットとデメリットが存在します。

これらを理解し予め対策を立てることで、より快適なサンルームライフを送ることができます。

サンルームのメリット

サンルームの明るさと開放感は何とも言えない魅力があります。

そんなおしゃれなサンルームのメリットを詳しく見てみましょう。

  1. 光の取り込み: サンルームは日光を効率的に取り入れることができます。壁や屋根がガラス張りのため、室内は常に明るく、自然光が満ち溢れています。
  2. 開放的な空間: サンルームは四方がガラスで囲まれているため、視界が広く感じられ、自然と心地よい開放感を感じることができます。
  3. 洗濯物の干し場: サンルームは雨風を防ぎつつ、日光をしっかり取り入れることができるので、洗濯物を干す場所としても最適です。
  4. リビングスペースの延長: サンルームは室内の延長として利用することができます。読書やリラクゼーション、趣味のスペースとして使えます。
  5. 自由なデザイン: おしゃれなサンルームの一番の魅力は、自分の好きなテーマやスタイルで装飾できることです。例えば、トロピカルスタイルの家具や植物を配置すれば、まるでリゾートにいるかのような特別な空間を作り出すことができます。

これらのメリットを活用して自宅に素敵なサンルームを作りましょう。

それは日常生活を豊かにし、心地よい時間を過ごす場所になることでしょう。

サンルームのデメリット

サンルームはその明るさと開放感が魅力ですが、一方でいくつかのデメリットも把握しておく必要があります。

それぞれのデメリットを具体的に見てみましょう。

  1. 室温調節: サンルームは壁や屋根がガラス張りであるため、夏場は日差しを強く受けて室内が高温になりやすく、冬場はガラス経由で熱が逃げやすいため寒く感じやすいです。
  2. 家具やカーペットの色褪せ: サンルームでは直射日光が当たるため、家具やカーペットが色褪せやすいという問題があります。
  3. 固定資産税: サンルームは一部の場合、固定資産税の課税対象となる可能性があります。
  4. 防犯対策: サンルームの壁がガラス張りであることから、外からの視線や侵入を防ぐための防犯対策が必要になります。
  5. メンテナンス: サンルームは、ガラスの掃除など、定期的なメンテナンスが必要です。
  6. 高額なコスト: おしゃれなサンルームを設けるためには、それなりの費用がかかるという現実も忘れてはなりません。

これらのデメリットを考慮した上でサンルームの設計や設置を進めることで、予期しない問題を避け、理想のサンルームを実現することができます。

メリット・デメリットの回避方法と対処法

サンルームの魅力を活かしつつ、デメリットを最小限に留めるための具体的な対策法を見てみましょう。

  1. 固定資産税への対応: サンルームが固定資産税の課税対象になることを避けるためには、建ぺい率を超えない範囲で建築面積を計算することが重要です。
  2. 防犯対策: 防犯ガラスの使用や窓への施錠は、サンルームの防犯対策として有効です。さらに、目隠しとしてロールスクリーンやカーテンを取り付けることも重要です。
  3. 室温調節: サンルームが暑すぎたり寒すぎたりするのを防ぐためには、断熱性の高いガラスの使用や、遮光カーテンやブラインドの設置が有効です。
  4. 家具やカーペットの色褪せ防止: 直射日光による色褪せを防ぐには、UVカット機能のあるガラスやカーテンを選ぶことがおすすめです。
  5. 費用対策: おしゃれなサンルームの設置はそれなりの費用がかかります。そのため、予めしっかりと予算を立て、無理のない範囲で計画を進めることが重要です。

これらの対策を踏まえることでサンルームの明るさと開放感を楽しみつつ、そのデメリットをうまく管理し心地よいサンルームライフを送ることができるでしょう。

おしゃれなサンルームの活用事例5選と使い方を紹介!

サンルームはその設置場所や形状、装飾によって様々な使い方が可能です。

自然光を活用することでリラクゼーション空間から作業スペースまで、個々のライフスタイルに合わせて自由にアレンジできます。

以下では、サンルームの具体的な活用方法と、実際の活用事例を5つ紹介します。

サンルームを活用する具体的な方法

まず、サンルームの基本的な活用方法について説明します。

サンルームは基本的に、自然光がたっぷり入る開放的な空間なので、以下のような使い方が考えられます。

  1. ガーデニングスペース: 開放的な空間を利用して、室内ガーデンを楽しむことができます。窓を閉じていれば虫の侵入も防ぐことができるので、ガーデニングはおすすめです。
  2. カフェスペース: のんびりお茶を飲みながらリラックスしたいという場合は、サンルームをカフェスペースにするのもおすすめです。
  3. ペットスペース: 家の中でペットを飼っている場合、十分に遊ばせてあげられなかったり、抜け毛や汚れなどが気になったりすることもあるでしょう。この点、サンルームをペットスペースとして活用すると、ペットが日向ぼっこしながらくつろいだり、広いスペースで存分に走らせて運動不足を解消したりできます。
  4. プレイルーム: 幼稚園・小学校がお休みの日や、雨の日。お外で遊べない子どもはストレスマックスです。そんな時、強い味方となるのがサンルームです。
  5. ホームジム: ボディメイクが特別なものではなくなってきました。ジムに通われている方も少なくないと思います。そんな方がふと欲しくなるのが、ホームジムです。自分専用のジムで好きな時間に、自分なりのペースでトレーニングを楽しめます。

実例集4選

カフェスペース: サンルームは、お気に入りのコーヒーや紅茶を楽しみながらリラックスできるカフェスペースとして活用することができます。心地よい自然光の下で読書を楽しんだり、友人を招いておしゃべりを楽しんだりすることができます。

プレイルーム: 子供たちのプレイルームとしてもサンルームは大活躍します。安全な環境で自然光の下で遊ぶことは、子供たちの感覚を刺激し、想像力を育てるのに役立ちます。

ガーデニング: サンルームは、手軽にガーデニングを楽しむスペースとしても適しています。温度と湿度を調節しやすいため、季節の変わり目でもお気に入りの植物を育てやすいです。

洗濯干しスペース: 雨の日でもサンルームならば洗濯物を安心して干すことができます。自然光の下で乾かすことができるので、洗濯物は自然に香り、生乾きの心配もありません。

これらはあくまで1例ですのであなたの好みの使い方とアレンジで理想のサンルームを作ってください。

サンルームを選ぶためのコツと、信頼できる施工業者の選び方

サンルームを導入する際、デザインや商品選び、コスト削減のポイントはもちろん重要ですが、それと同じくらい重要なのが信頼できる施工業者の選び方です。

以下では、これら3つのポイントについて説明します。

デザインや商品選びのポイント

まず、おしゃれなサンルームを選ぶためのコツについて説明します。

以下にポイントを挙げてみます。

  1. 家のデザインに合ったサンルームを選ぶ:サンルームは家全体の見た目に大きく影響します。それが家の外観と調和しているかを確認しましょう。
  2. 使用目的に合ったサンルームを選ぶ:サンルームの使用目的により、必要な設備やレイアウトが変わります。使用目的に合ったサンルームを選ぶことが重要です。
  3. 価格と品質のバランス:高価なサンルームほど高品質とは限りません。価格と品質のバランスを考え、長く使用できるサンルームを選ぶことが重要です。

コスト削減のポイント

次にコスト削減のポイントについてです。

以下に具体的な方法を挙げてみます。

  1. 予算を明確に設定する:最初から予算を設定しておくことで、適切な価格帯の商品を選ぶことが可能になります。
  2. 複数の業者から見積もりを取る:見積もりは無料で取ることができます。複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格を把握し、交渉材料にもなります。

信頼できる施工業者の選び方

最後に、信頼できる施工業者の選び方についてです。

以下にポイントを挙げてみます。

  1. 口コミや評判を確認する:過去の顧客の評価や反応を確認することで、業者の信頼性を判断することができます。
  2. 施工実績を確認する:業者の過去の施工例や経験を確認し、自分の要望に対応できるかを見極めることが重要です。
  3. アフターサービスの内容を確認する:サンルームは長期間使用するため、アフターサービスの内容も確認すると良いです。

これらのポイントを押さえ、あなたにとって最適なサンルームと施工業者を見つけてください。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

サンルーム増築リフォームをする前に知っておくべきことと、サンルームの固定資産税額

サンルームの増築リフォームを検討している方へ、注意点とその対策をご紹介します。

また、固定資産税についても触れます。

温度調整が難しい

サンルームは大量のガラスを使用するため、冬は冷えやすく夏は暑くなりやすいという問題があります。

これを解決するためには遮光カーテンやブラインドを取り付けたり、扇風機やエアコンを設置したりする必要があります。

また、窓を開けて自然の風を取り入れることも大切です。

建ぺい率が既定値を超えてしまうかもしれない

日本の住宅地では、土地の面積に対する建物の面積の割合(建ぺい率)が法律で制限されています。

サンルームを増築すると、この建ぺい率が超えてしまう可能性があるので注意が必要です。

具体的な建ぺい率は各都道府県や市町村の条例により異なるため、事前に地方公共団体へ問い合わせることをおすすめします。

固定資産税が増える

サンルームの増築、家屋の増設と見なされるため、固定資産税が増える可能性があります。

固定資産税は物件の評価額と税率によって決まります。

評価額は建物の構造や規模、築年数などによるため、具体的な税額は地方公共団体に問い合わせるか、専門家に相談すると良いでしょう。

これらのポイントを押さえて、事前に対策を立てることで、サンルームを最大限に活用しましょう。

サンルームのおすすめメーカー3選!口コミも紹介

サンルームの増築リフォームをする際には、製品の品質が重要になってきます。

そのため、今回は信頼性の高い3つのメーカーをご紹介します。

『LIXIL(リクシル)』

リクシルは、窓やドアなど住宅設備に関する幅広い製品を手がけています。

その中でもサンルームのラインナップは多彩で、自然光を楽しむための窓やガラスの種類、防犯対策や耐久性にも優れています。

口コミでも「デザインが豊富で選びやすい」「アフターサービスが丁寧」といった声が多く聞かれます。

LIXIL|ガーデンスペース|カタログサイト

『YKKAP(ワイケーケーエーピー)』

YKKAPは、住宅設備の全般を扱っている信頼性の高いメーカーです。

サンルームの商品には「自然光を取り入れたい」「節約したい」などの要望に応じて選べる多彩な商品がそろっています。

口コミでは「性能が高く、コスパが良い」「メーカーの対応が早い」といった評価が寄せられています。

YKKAP|サンルーム|カタログサイト

『三協アルミ』

三協アルミは、アルミ製品の製造を手掛けているメーカーです。

その中でもサンルームは耐久性が高く、デザイン性に富んでおり、自宅の外観を損なうことなく設置できます。

口コミでは「長持ちする」「デザインが美しい」といった声が聞かれます。

これらのメーカーはそれぞれ特色がありますので、自分の好みやニーズに合わせて選んでみてください。

三協アルミ|サンルーム|カタログサイト

まとめ:サンルームにリフォームして、自宅におしゃれな空間を!

リフォームを考える際、サンルームは多くのメリットを提供する選択肢となります。

自宅に新しい空間を作り、家族の時間を豊かにすると共に、家の価値を高めるという重要な役割を果たします。

まず、サンルームは日光浴が気軽にできる空間となります。

ガーデンルームやテラスとは異なり、ガラス張りで自然光をたっぷりと取り込むことができます。

これにより、家の中にいながらにして屋外の雰囲気を楽しむことが可能となります。

増築リフォームの費用は商品価格と工事費用からなっています。

しかしこれらの費用を抑える方法もあり、例えば施工業者を選ぶ際には複数社を比較することが有効です。

また、サンルームのメリットとデメリットは把握しておくべきです。

メリットとしては日光浴が可能であること、憩いの空間となることなどが挙げられます。

デメリットとしては例えば気温調整が難しかったり、固定資産税が増える可能性があるなどの点を理解し、対策を立てることが大切です。

サンルームの活用方法は多岐にわたります。

例えば、趣味のスペースや家庭菜園など、あなたのライフスタイルに合わせた利用方法を見つけることができます。

選択肢が広がるという点でも、サンルームは魅力的なリフォームの一つと言えます。

信頼できる施工業者を選ぶポイントとしては、口コミや施工実績を確認することが大切です。

また、製品選びでは自分の好みやライフスタイル、予算に合った商品を選ぶことが重要です。

ポイント

  • サンルームは自宅に新しい、日光浴が気軽にできる空間を作る選択肢。
  • 費用は商品価格と工事費用から成り立つが、見積もりを取り比較することで抑えることが可能。
  • メリットとデメリットを把握し、自身のライフスタイルに合った利用方法を考える。
  • 信頼できる施工業者を選び、自分の好みやライフスタイルに合った商品を選ぶことが重要。

これらを踏まえ、あなたにとって最適なサンルームを作り上げてみてください。

よくある質問

Q1: サンルームの増築をする際の注意点は何ですか?

A1: サンルームの増築をする際には、以下の三つのポイントを特に意識してください。

  1. 建ぺい率: 建ぺい率とは、土地全体に対する建築面積の割合を指します。一般的には、土地の面積に対して建物が占める割合は、市町村ごとに定められた規制(50%や60%など)になっています。増築によってその限度を超えてしまうと、建築許可が下りないこともあるので、事前に確認しておきましょう。
  2. 温度調整: サンルームはガラス張りなので、季節によっては内部の温度が高くなりすぎることがあります。そのため、適切な遮熱対策や冷暖房設備を計画することが重要です。
  3. 固定資産税: 増築部分は新たに固定資産税の対象となります。増築後の税金負担を事前に把握し、予算計画に含めておきましょう。

Q2: サンルームをおしゃれにするためのデザインのポイントは何ですか?

A2: サンルームをおしゃれにするためには、以下のようなポイントを考えてみてください。

  1. 家具の選択: ナチュラルな木製家具や、ガラステーブルなどを選ぶことで、サンルームの明るさと調和する空間を作ることができます。
  2. 緑の活用: プランターや鉢植えの植物を取り入れることで、自然豊かな空間を作ることができます。季節の花を飾るなどすると、さらに華やかさが増します。
  3. 照明: 日が落ちた後もサンルームを楽しむためには、照明が重要です。暖色系の照明を選ぶと、落ち着いた雰囲気を作ることができます。

Q3: サンルームの増築で後悔しないために考慮すべき点は何ですか?

A3: サンルーム増築のリフォームは決して安くできるものではありません。

完成後に後悔しないために、部屋の特性や使用目的をきちんと考えてからオーダーしましょう。

部屋の広さを決める際は、リフォーム後の暮らしをより具体的にイメージすることが大切です。

現在の生活だけではなく、将来のことも考慮して設計しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました