キッチン高さ90センチは高い?後悔しないための選び方を解説

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

水廻りリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回はキッチンの高さについて解説していきます。

キッチンをリフォームする際、その高さについて悩む方が割と多いです。

特に標準の85cmのままにするか90cmにするかを何となくで決めて後悔する人もいます。

「キッチンの高さを90にしたけど、後悔している…」そんな声も少なくありません。

この記事では多くの人が感じる後悔の理由と、それを未然に防ぐ方法を詳しく解説します。

あなたのキッチンライフをより快適に、そして後悔なく過ごすためのヒント紹介していきます。

キッチンの高さを間違えると毎日の料理がストレスになってしまうかもしれません。

この記事を読んで、最も快適で後悔しないキッチンリフォームをしていただければと思います。

この記事を読んでわかること

  • キッチンの高さ90cmを選ぶメリットとデメリット。
  • 後悔する理由とその解決策に関する実際の事例。
  • 他のキッチンの高さ(例:80cmや85cm)との比較とそれぞれの特長。

キッチンの高さ選びの基本知識

キッチンの高さは、リフォームを行う際の重要なポイントの一つとなります。

これは、日常的に調理を行う場所であり、使い勝手や体への負担を少なくするためには適切な高さが必要だからです。

間違った高さを選ぶと料理の際に背中や腰に負担を感じることが増えてしまい、毎日の生活が大変になってしまいます。

キッチンの高さの標準は身長÷2+5㎝が目安

一般的なキッチンの高さの標準は、自身の身長の半分に5㎝を足したものと言われています。

例えば、身長が160cmの人の場合、80cm(160cm÷2)+ 5cm = 85cmとなり、85cmがその人にとってのキッチンの適切な高さとなります。

この計算式は、長時間の料理で腰や背中に負担をかけないための目安として考えられています。

しかし、あくまで目安ですのでこの計算だけで決めるのは避けた方が良いでしょう。

  • 身長150cmの場合: 150 ÷ 2 + 5 = 80cm
  • 身長170cmの場合: 170 ÷ 2 + 5 = 90cm

キッチンの高さの決め方

キッチンの高さを決めるには先ほどの身長を基にした計算式以外にも、いくつかのポイントがあります。

まず、キッチンでの主な作業内容や頻度を考えます。

例えば、料理を頻繁にする場合や、家族の中で一番キッチンを使用する人の身長を基準にすることがおすすめです。

また、実際にキッチンのカウンターやショールームなどで直接立ってみて、自分の身体に合った高さを感じることも大切です。

キッチンの高さを決めるときの考慮ポイント

キッチンの高さを適切に決めることは、毎日の料理を快適に行うための大切な要素となります。

間違った高さでは、腰や背中への負担が増え、長時間の調理が苦痛になる可能性があります。

そこで、キッチンの高さを選ぶ際に考慮すべき3つの主なポイントを以下にまとめました。

身長から割り出す

一番簡単でわかりやすい方法は、身長を基にした計算です。

先ほども触れたように身長の半分に5cmを足すことで、大体の適切な高さが割り出せます。

この方法は、多くの人々におすすめの高さとして提案されている方法です。

身長160cmの場合: 160 ÷ 2 + 5 = 85cm

床から肘までの高さから割り出す

身体のバランスや使い心地を考慮すると、床から肘までの高さを基準にする方法もあります。

立った状態で自然に腕を下げ、肘の位置を測ることでこの高さを知ることができます。

これにより、料理中に手を伸ばし過ぎることなく、自然な動きで調理が行えます。

現在使っているキッチンと比較して決める

もし現在使っているキッチンで調理がしやすい、または不便に感じる部分がある場合、その経験を生かして次のキッチンの高さを考えることも有効です。

気に入っている部分はそのままに、改善したい点は新しいキッチンの設計に反映させることで、より使いやすいキッチンを手に入れることができます。

これらのポイントを参考にしながら、実際にショールームなどで複数のキッチンの高さを体感し、最も自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

キッチン高さ90でのメリットと後悔ポイント

キッチンの高さを選ぶ際、90cmが高めのキッチンとしてよく取り上げられます。

しかし、この高さにはメリットとデメリットがあり、自分の身体や生活スタイルに合わせて適切な高さを選ぶことが大切です。

キッチンの高さ90で後悔する人が多いのはなぜ?

90cmの高さは、標準よりも高いキッチンとして設定されており、全ての人にとって最適とは限りません。

特に、以下のような理由から後悔するケースが多いです。

  • 身長が低めの方にはやや高く感じ、腰に負担を感じることがある。
  • 高すぎると料理中の動作が煩雑になり、使いにくさを感じることがある。

キッチンの高さが80センチや85センチでも後悔することはある

実は90cmだけでなく、80cmや85cmのキッチンの高さでも、ユーザーによっては後悔することがあります。

理由としては:

  • 身長が高い人には低く感じるため、腰をかがめて作業しなければならない。
  • 低いキッチンは子供や高齢者には使いやすいが、日常的に大人が使用する場合は、やや不便に感じることがある。

キッチンの高さは高い方が良いのか?

キッチンの高さが高い方が良いのかどうかは、使用する人の身長や生活習慣によります。

一般的には:

  • 身長が高い人、または立ったままの作業を好む人には、高めのキッチンが適しています。
  • 一方、座っての作業を好む人や、身長が低めの人には、やや低めのキッチンが適していることが多い。

キッチンの高さを選ぶ際は、自身の身体や料理のスタイルに合わせて選ぶことが最も大切です。

また、可能であれば実際に複数の高さのキッチンを試してみることで、自分にとっての最適な高さを見つけることができるでしょう。

キッチンの高さ選択時の注意点とリスク

キッチンの高さは、毎日の料理や片付け作業を快適に行うための重要な要素となります。

しかし、理想的なキッチンの高さを選ぶには、意外と多くのポイントを考慮する必要があります。

以下の注意点やリスクをしっかり把握して、後悔のないキッチン選びをしましょう。

キッチンマットやスリッパの使用での高さ変化

普段の生活でキッチンマットやスリッパを使用することで、実際のキッチンの高さが感じられる高さが変わります。

特に厚手のマットやヒールのあるスリッパを使用すると、数センチ高く感じることがあります。

注意点: マットやスリッパの使用を前提とした場合、キッチンの高さを設定する際に考慮する。

人による腕の長さの違い

人それぞれで腕の長さや使いやすい高さは異なります。

家族全員がキッチンを使う場合、家族の中で最も使いにくい人の高さを基準にすると良いでしょう。

注意点: 身長だけでなく、腕の長さも考慮に入れる。

ガスコンロ使用時の五徳(ごとく)の高さについて

五徳とは、ガスコンロの上に鍋やフライパンを置くための金属の枠のことを指します。

この五徳の高さも、キッチンの作業高さに影響を与えます。

注意点: 五徳の高さを加味して、キッチンカウンターの高さを選択する。

キッチンの高さでの失敗事例

キッチンの高さを選ぶ際の失敗事例として、よく耳にするのは「高すぎて使いにくい」「低すぎて腰が痛くなる」などです。

これらの失敗を避けるためには、事前にショールームなどで実際に体験してみることがおすすめです。

キッチンリフォーム工事の費用とその目安

キッチンは家の中でも特に使用頻度が高い場所です。

そこで、キッチンのリフォームを検討する際、多くの方が気になるのが「費用」です。

しかし、リフォームの費用は、実施する内容や選ぶ材料、業者によって大きく異なります。

ここでは、キッチンリフォームの工事費用とその目安について解説します。

  1. リフォームの種類と費用の関係
    • 単純な交換: 古くなったキッチンを新しいものに交換するだけの場合。費用は比較的抑えられる傾向にあります。
    • レイアウト変更: キッチンの位置を変えたり、大きさを変更する場合。これには、配管や電気の移動費用も考慮する必要があり、費用は上がる傾向にあります。
  2. 選ぶ材料や設備のグレード
    高級な材料や設備を選ぶと、当然費用も高くなります。逆に、標準的なものを選べば、費用は抑えられるでしょう。
  3. 業者の選び方
    同じリフォーム内容でも、業者によって見積もり額は大きく変わることがあります。複数の業者から見積もりを取ることで、適切な価格を知ることができます。


一般的に、キッチンのリフォーム費用の目安としては、I型キッチンでは約70万円から120万円程が考えられます。

L型キッチンやアイランドキッチンでは100万円以上を想定しておいた方が良いと思います。

ただし、上記の要因により、この範囲から外れることもあり得ますので、具体的な費用は業者の見積もりをもとに確認することをおすすめします。

施工業者の選び方

家をリフォームする際、最も重要なのは信頼できる施工業者を選ぶことです。

正しい業者の選び方を知っておくことで、リフォーム後の後悔を避けることができます。

以下に、後悔しないためのリフォーム会社の選び方を詳しく説明します。

後悔しないためのリフォーム会社比較

  1. 口コミや評価をチェック
    • 実際にその業者を利用した人々の声を参考にすると、業者の実際の実力やサービスの質を知ることができます。
    • インターネット上の評価サイトや、地域の住民からの推薦も有効です。
  2. 過去の実績を確認
    • 実績が豊富な業者は、様々なリフォームの経験があり、対応力も期待できます。
    • ホームページやカタログで、過去の施工例や実績を確認することができます。
  3. 明瞭な見積もり
    • 見積もりは、リフォーム費用の透明性を示す大切な資料です。
    • 詳細な項目ごとの金額が記載されているか、追加料金が発生しそうな点はないかをチェックしましょう。
  4. アフターサポートの有無
    • リフォームが完了した後も、何か問題が発生したときに対応してくれるかどうかは非常に重要です。
    • 保証期間やアフターサポートの内容をしっかりと確認することをおすすめします。

施工業者を選ぶ際には、上記のポイントを基に比較・検討することで、後悔のない選択をするための手助けとなるでしょう。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

キッチンの高さに関するまとめ

キッチンの高さは、料理の際の作業効率や身体への負担に大きく影響します。

特にリフォームを検討する際、この高さをどう設定するかは非常に重要なポイントとなります。

この記事では、キッチンの高さに関する情報を紹介しました。

下記に重要なポイントをまとめました。

  1. キッチンの高さの基準
    • 一般的には、身長÷2 + 5cmが目安とされています。
    • しかし、これはあくまで一つの基準であり、最終的には使用する人の体格や料理のスタイルに合わせて調整が必要です。
  2. 高さの選び方のポイント
    • 身長から割り出す方法や、床から肘までの高さを基にする方法があります。
    • 現在使用しているキッチンの高さと比較してみることも参考になります。
  3. リフォーム時の注意点
    • キッチンマットやスリッパの使用時に高さが変わる可能性があるので、これを考慮することが大切です。
    • また、ガスコンロ使用時の五徳の高さも気をつける点として挙げられます。
  4. キッチンの高さとリフォーム費用
    • 高さを変更する場合、それに伴うリフォームの費用も変わってくることがあります。事前に費用の目安を知っておくことが重要です。

キッチンの高さは、日々の料理を快適に行うための重要な要素の一つです。

リフォームを検討する際は、自分の体格や生活スタイルに合った高さを選ぶことで、長く快適にキッチンを使用することができます。

よくある質問

キッチンの高さ選択はリフォーム時に悩むポイントの一つです。

初めてのリフォームで疑問に感じることも多いでしょう。

そこで、よくある疑問点とその回答をまとめてみました。

Q1: 一般的におすすめされるキッチンの高さはどれくらいですか?

A: 一般的には、使用する人の身長÷2 + 5cmが目安とされています。

例えば、身長160cmの人の場合、80 + 5 = 85cmがおすすめの高さとなります。

しかし、これは一つの基準であり、実際の生活スタイルや体格に合わせて選ぶことが大切です。

Q2: キッチンの高さを選ぶ際、何を基準にすればいいの?

A: 身長だけでなく、床から肘までの高さを測ってその高さに合わせる方法もあります。

また、現在使用しているキッチンの高さとの比較や、料理時の体の動きや負担を感じる部分を考慮すると良いでしょう。

Q3: キッチンの高さを変えると、リフォームの費用は高くなりますか?

A: キッチンの高さを微調整するだけなら、大きな費用の違いは出ないことが多いです。しかし、大幅に高さを変更する場合や、他の部分も同時に変更する場合は費用が変動することがあります。具体的な費用は施工業者に相談すると明確になります。

Q4: キッチンの高さを高くすることのデメリットは?

A: 高すぎるキッチンは、料理中に腕を高く上げる必要が出てくるため、腕や肩に負担を感じることがあります。

また、短時間の作業では気づかないかもしれませんが、長時間の料理ではその負担が大きくなります。

キッチンの高さ選択は、毎日の料理の快適さを左右する大切なポイントです。

疑問や不安がある場合は、専門家や施工業者に相談しながら、最適な高さを見つけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました