20畳の部屋のフローリング張り替え、どれだけの費用がかかるの?

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

内装リフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回はフローリング張替えについて解説していきます。

フローリングの張り替えは自宅の雰囲気を一新し、長期的な住み心地を向上させる効果的な方法です。

しかし、費用、材料の選択、施工業者の選び方など多くの要素を考慮する必要があります。

また、マンションの場合は管理組合への申請やペットや床暖房の有無など、ライフスタイルに合わせた配慮も求められます。

この記事ではフローリング張り替えを検討しているあなたに、その全体像を理解してもらうことを目指しています。

張り替えの全体的な費用から材料の選び方、張り替えのポイントと注意点、そして信頼できる業者の選び方まで説明します。

リォームはあなたの住まいを次のレベルへと進化させるための大切な一歩です。

この記事があなたのフローリング張り替えリフォームを成功に導くための一助となることを願っています。

フローリング張り替え費用:何にどれだけかかる?

フローリングの張り替えについて考える際、気になる要素の一つは費用ですよね。

この章では、20畳の部屋のフローリング張り替えにかかる費用について詳しく見ていきましょう。

20畳のフローリング張り替えの全体的な費用

フローリングの張り替えには何をしたらどれくらいの費用がかかるのか、ざっくりとしたイメージを持つことが大切です。

20畳の部屋でフローリングを張り替える場合の大まかな費用は下記の通りです。

複合材20万円~40万円
複合材(防音)30万円~50万円
無垢材25万円~50万円
無垢材(防音)38万円~55万円

上記の金額はフローリング・巾木等の商品代、張替え工事費、処分費等を含んだ金額です。

ただし、この費用はあくまで目安であり選ぶフローリング材の種類や施工業者、そして部屋の状況によります。

フローリング材による費用の違い

次に、フローリング材によって費用がどのように変わるかを考えてみましょう。

例えば、無垢材と複合材では大きな違いがあります。

無垢材はその質感や耐久性から高価な傾向にあります。

一方、複合材は合成素材を使用しているため、コストパフォーマンスに優れています。

以下に、いくつかのフローリング材とその平均的な価格を示します。

  • 無垢材フローリング:約5,000円~10,000円/㎡
  • 複合材フローリング:約3,000円~6,500円/㎡

これらは材料費のみで、施工費は別途必要になります。

張り替え費用の内訳と相場

フローリングの張り替え費用は、大きく分けて「材料費」と「施工費」の二つに分けられます。

先程示した価格は材料費で、施工費はこの上に加えて必要になります。

具体的には、以下のような費用が考えられます。

  • 材料費:選んだフローリング材の単価×部屋の面積
  • 施工費:既存フローリングの解体費やフローリング張り代など、作業に必要な費用
  • その他:廃材処理費や運搬費など、追加でかかる可能性のある費用

既存の床材からフローリングへの張り替え費用

既存の床材がフローリングでない場合、たとえば畳やカーペットなどからフローリングへの張り替えは既存の床材の撤去費用や下地調整費用が加算されます。

これらは必ずしも必要なわけではないですが、あらかじめ頭に入れておくと後々の見積もりがスムーズに進みます。

フローリングの張り替え費用には様々な要素が影響します。

明確な費用を知るためには、具体的な材料と施工業者を決めた上で複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

フローリング材の種類と選び方

フローリングの張り替えには、さまざまな種類のフローリング材があります。

その中から最適なものを選ぶためには、各材料の特性を理解することが重要です。

この章ではフローリング材の種類とその選び方について詳しく見ていきましょう。

無垢フローリングと複合フローリングの違い

まず始めに、フローリング材には大きく分けて「無垢フローリング」と「複合フローリング」の2種類があります。

無垢フローリングはその名の通り一枚の木材をそのまま使用したフローリングです。

自然の風合いを感じることができ、経年変化とともに深みを増すという特性があります。

一方で、湿度の変化による反りや歪みが起きやすいというデメリットもあります。

一方、複合フローリングは合板などの下地にさまざまな材質のシートを貼り合わせたものです。

価格が無垢フローリングに比べて低価格であり耐久性にも優れているため、手軽にフローリングを楽しみたい方におすすめです。

各材のメリット・デメリットとおすすめの人

次に各フローリング材のメリットとデメリット、そしてそれぞれがおすすめの人について考えてみましょう。

  1. 無垢フローリング
    • メリット:自然な質感、経年変化の美しさ、心地よい足触り
    • デメリット:湿度の変化による反りや歪みが生じやすい、価格が高い
    • おすすめの人:自然素材を活かしたインテリアを求める人、長期的に住む予定のある人
  2. 複合フローリング
    • メリット:耐久性、コストパフォーマンス、メンテナンスの容易さ
    • デメリット:無垢材のような風合いは出にくい
    • おすすめの人:手軽にフローリングを楽しみたい人、頻繁に模様替えをする人

ここまで読んでいただければ、フローリング材の種類とその選び方について理解が深まったはずです。

フローリング選びは、住まいの雰囲気を大きく左右します。

自分のライフスタイルや好みに合ったフローリング材を選び、快適な住空間を作り上げましょう。

フローリング張り替えのポイントと注意点

フローリング張り替えには多くの要素が関わってきます。

最適な結果を得るためには、ポイントと注意点を理解することが大切です。

ここでは、その点について詳しく見ていきましょう。

張り替えの種類とそれぞれの特性

フローリングの張り替えには、大きく分けて「張り替え」と「上張り」の2つの方法があります。

「張り替え」は、既存のフローリングを全て取り除き新たなフローリングを敷き直す方法です。

大規模なリフォームや床下の状態を確認したい場合に適しています。

一方、「上張り」は既存のフローリングの上に新たなフローリングを重ねて敷く方法です。

コストと工事時間を抑えることができますが床の厚みが増すため、ドアの開閉が妨げられるなどの問題が発生する可能性があります。

張り替えにかかる日数と手間

フローリングの張り替えはその規模にもよりますが、通常6帖1部屋で1日から2日程度を要します。

「上張り」であれば1日で完了することがほとんどです。

「張り替え」は「上張り」よりも工事期間が長くなる傾向があります。

また、家具の移動や生活スペースの確保など、工事に伴う手間も考慮に入れる必要があります。

面積効果に注意

フローリング張り替え費用は、一般的に面積が広くなるほど単価が下がる傾向があります。

これは「面積効果」と呼ばれる現象で大きな部屋のフローリングを一度に張り替えることで、全体の費用を抑えることが可能です。

家具や建材とのバランスを考える

フローリングは部屋全体の雰囲気を大きく左右します。

そのため、選ぶフローリング材の色や質感は、家具や壁、天井とのバランスを考慮しながら選ぶことが重要です。

マンションの場合の管理組合への申請

マンションでフローリングの張り替えを行う場合は、管理組合への申請が必要となることがあります。

ほとんどのマンションでは防音のフローリングを使用することが規約で決まっています。

施工業者が確認をすると思いますが事前に確認しておくのも良いでしょう。

床暖房の有無とその影響

床暖房がある場合、適したフローリング材を選ぶことが大切です。

無垢材の中には床暖房に適さないものもありますので、注意が必要です。

さらに張替えは困難であることも理解しておきましょう。

解体の際にフローリングの下に敷いてある床暖房を傷付けてしまう可能性が高い為です。

床暖房も交換をする、床暖房は撤去する、上張りをする(暖房機能は低下する)の中から選択することになることがほとんどです。

ペットへの配慮も忘れずに

ペットを飼っている場合は、その生活に合わせたフローリング選びも大切です。

爪で傷がつきにくい素材やペットの足に優しい素材を選ぶことがおすすめです。

フローリング張り替えの成功は、きちんとした計画と準備から始まります。

これらのポイントを抑えながら、自分のライフスタイルや家族のニーズに合ったフローリングを選びましょう。

フローリング張り替え業者の選び方

フローリングの張り替えは、専門的な技術を必要とします。

適切な業者の選び方を理解することは、成功した張り替えには不可欠です。

ここではそのポイントについて見ていきましょう。

業者選びのポイント

業者選びはフローリング張り替えの重要なステップです。

次の点に注意して業者を選びましょう。

  1. 信頼性: 口コミや評判、実績を確認し、信頼できる業者を選びましょう。また、必要な資格や保険が適切に保持されていることも重要です。
  2. コミュニケーション: フローリング張り替えは、専門的な内容が多いです。そのため、わかりやすく説明してくれる、また自分の要望をきちんと理解してくれる業者を選びましょう。
  3. コストパフォーマンス: 最も高額な業者が最も良いとは限りません。費用と提供されるサービスのバランスを見極めることが重要です。

相見積もりを取ることの重要性

複数の業者から見積もりを取ることで、費用やサービスの違いを比較することができます。

これにより、自分の予算やニーズに最も適した業者を選ぶことが可能になります。

相見積もりは無料で提供されることが多いため、活用しましょう。

実績が豊富な業者の選び方

実績が豊富な業者は、技術やノウハウが豊富である可能性が高いです。

しかし、その実績を確認するためにはどうすればいいでしょうか。

業者のウェブサイトで施工事例をチェックする、口コミサイトで評価を見る、直接業者に問い合わせて実績を聞く、などの方法があります。

フローリング張り替え業者の選び方は、結果に大きく影響します。

時間をかけて慎重に選び、自分の家を信頼できる手に委ねましょう。


まとめ:フローリング張り替えの成功に向けて

フローリング張り替えには多くの要素が絡んできます。

それぞれの選択が全体のコストや結果に影響を及ぼすため、一つひとつを慎重に考えていくことが必要です。

まず、全体的な費用を把握することから始め、使用するフローリング材の種類や選び方について理解を深めましょう。

それぞれの材料には独特の特性や価格帯があり、選ぶ材料によって、張り替えにかかるコストや完成後の雰囲気が大きく変わります。

張り替え作業にはいくつかの方法があり、それぞれに特性や必要な時間、手間が異なります。

また、家具や建材とのバランス、床暖房の有無、ペットへの配慮など、生活環境に合わせた選択が求められます。

そして、フローリング張り替えの成功のためには、適切な業者を選ぶことが不可欠です。

信頼性、コミュニケーション、コストパフォーマンスを基に業者を選び、実績の豊富な業者を探すことが重要です。

フローリング張り替えはあなたの住まいをより良い環境にするための重要なリフォームです。

しっかりと情報を収集し自分に合った選択をしてください。

今回の内容があなたのフローリング張り替えリフォーム成功の一助になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました