エコキュートは本当にお得?後悔しないための事前準備とは

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

水廻りリフォーム

リフォーム業界で10年以上働いている現役社員のだいごです。

今回はエコキュートについて解説していきます。

「エコキュートの導入で得をするのか?損をするのか?」

この疑問を抱いているあなたは、おそらくエコキュートの導入を検討している、あるいはすでに導入してから何らかの問題に直面しているかもしれません。

この記事ではそのような悩みや疑問に対する答えを示していきたいと思います。

エコキュートに関する疑問や不安な点などそれぞれの問題に対する解決策やアドバイスをまとめました。

具体的な失敗事例や、導入の際の注意点、さらには適切な選び方などを説明します。

エコキュートついて理解し、自身の生活や状況に合った適切な選択ができるようになれば後悔はかなり減らすことができるでしょう。

この記事があなたのエコキュート選びの一助となれば幸いです。

この記事を読むとわかること

  1. エコキュートの導入や交換に関する適切な費用やその見積もり方法を理解できます。これにより、適正な価格で良質なサービスを得ることができ、高額な無駄遣いを避けられます。
  2. エコキュートの選び方と導入のコツについて学ぶことができます。正しい選択をするための判断基準や、問題が発生した際の対応策などを理解することができます。
  3. エコキュートを導入する際のリスクや注意点を把握することができます。想定外の問題やコストが発生するリスクを事前に理解し、それを避けるための対策を立てられます。

エコキュートってそもそも何?

エコキュートとは簡単に言えば、電気を使ってお湯を作る装置のことです。

しかし、それだけではわかりづらいですよね。

普通の電気温水器とは異なりエコキュートは”ヒートポンプ”という仕組みを用いて、外の空気から熱を取り込んでお湯を作ります。

ヒートポンプとは冷蔵庫が冷える原理と同じもので、ある場所の熱を別の場所に移動させる技術のことを指します。

つまり、エコキュートは電気を使って空気中の熱を集め、その熱でお湯を沸かす装置と考えるとわかりやすいです。

これにより、一般的な電気温水器に比べて少ないエネルギーで大量のお湯を作ることができます。

それが”エコ(環境に優しい)”と呼ばれる所以です。

また、エコキュートは一度に大量のお湯を作り、それをタンクに蓄えておくことでいつでもたっぷりのお湯を利用できるという利点があります。

エコキュートの基本的な機能とは?

エコキュートには、以下のような基本的な機能があります。

  1. 温水供給機能:主な機能であり、お湯を沸かし、浴槽やシャワー、キッチンなどで使えるように供給します。
  2. 省エネ機能:上述のように、ヒートポンプ技術を使って熱を効率よく集め、電力を節約します。これにより、光熱費を抑えることが可能です。
  3. 蓄熱機能:大量のお湯を一度に沸かし、蓄えておくことができます。これにより、お湯がすぐに使える利便性を提供します。
  4. プログラム機能:利用者の生活スタイルに合わせて、温水の準備や節電を自動でコントロールする機能もあります。
  5. セキュリティ機能:異常が発生した際に自動的に停止する機能や、子供がいたずらしないようにロックする機能なども備えています。

上記の機能を踏まえ、エコキュートの導入を検討する際には自分のライフスタイルや家庭の状況に合った機能が備わった製品を選ぶことが重要です。

エコキュートで後悔するポイント(デメリット)

エコキュートは省エネ効果や快適な生活を提供しますが、一方でデメリットもあります。

後悔しないためにも、それらを理解した上で導入を検討することが重要です。

導入にかかる費用が高い

エコキュートの設置費用は一般的な給湯器と比べて高く、新設や取替えを行う際には初期費用が大きな負担となることがあります。

しかし、長期的な視点で見ればエコキュートの電気使用量の低さから光熱費の削減を期待できるため、初期費用を回収できる可能性もあります。

電気代が高くなるケースがある

エコキュートは電力会社の料金プランによっては、月々の電気代が高くなる可能性があります。

エコキュートは夜間に電力を多く使用するため、電力会社の時間帯別電力料金制度によっては日中に電力を多く使用する一般家庭よりも電気代が高くなることがあります。

この問題は電力会社が提供する電力料金プランをうまく利用することで解決できます。

修理代が高い

エコキュートは構造が複雑で特殊なパーツを多く使用しているため、故障した際の修理代が高いことがあります。

しかし、定期的な点検やメンテナンスを行うことで故障のリスクを低減できます。

お湯切れを起こす場合がある

エコキュートは一度に大量のお湯を沸かすため、一度に大量のお湯を使うとお湯が切れてしまう可能性があります。

これに対する対策としてはエコキュートの蓄熱量を確認し、家族の生活スタイルに合った容量の製品を選ぶことが重要です。

シャワーの水圧が落ちる

エコキュートの一部の機種ではお湯を作る過程で水圧が低下し、シャワーの水圧が落ちることがあります。

水圧の問題は製品選択時にシャワーの水圧を確認することで避けられます。

飲用水としては使えない

エコキュートのお湯は浴槽やシャワー、洗面所などで使うものであり飲用水としては使えません。

飲むためのお湯は別途ポットなどで沸かす必要があります。

壊れやすい

一部のエコキュートは、他の給湯器に比べて壊れやすいとの意見もあります。

これに対する対策としては信頼性の高いメーカーや機種を選ぶこと、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。

動作音がうるさい

エコキュートは動作時に音を発生することがあります。

これは製品や設置場所によるので、購入前にチェックすると良いでしょう。

スペースがとられる

エコキュートは一般的な給湯器と比べて大きいため、設置に必要なスペースが多いです。

スペースが限られている場合は、設置場所の確認と適切な製品選択が必要です。

使用できる入浴剤が限られる

エコキュートの使用に当たっては、給湯器にダメージを与える可能性のある入浴剤の使用が制限されます。

使用できる入浴剤はメーカーに確認することをおすすめします。

割安な電気料金プランへの変更手続きがいる

エコキュートを導入した際には、電力会社の夜間電力を活用するための料金プランに変更する手続きが必要です。

これは一度の手続きで済むため、導入前に確認しておきましょう。

デメリットの解決策と対処法

上記の各デメリットには、それぞれ対処法があります。

適切な製品選択、設置場所の確認、定期的なメンテナンスなどを行うことで、エコキュートのデメリットを最小限に抑えることができます。

重要なのは自分のライフスタイルや家庭環境に合った製品を選び、適切な運用をすることです。

エコキュートを選んだ際のメリット

エコキュートを選ぶ理由は様々ありますが、その主なメリットとしては光熱費の節約、太陽光発電との相性、非常時の水供給などが挙げられます。

光熱費が安くなる可能性がある

エコキュートは空気中の熱を利用してお湯を作るシステムです。

電気を効率良く使うため、一般的なガス給湯器と比べてランニングコストが安くなる可能性があります。

特に夜間電力を利用した場合、大きな経済効果を得ることが可能です。

太陽光発電システムと相性が良い

エコキュートは電気を使うシステムなので、太陽光発電との組み合わせが可能です。

昼間に太陽光発電で電気を作り、その電気を夜間のエコキュートに使うという流れを作ることで、さらなるエネルギーの節約が期待できます。

貯湯タンクユニットのお湯を非常時に利用できる

エコキュートには大量のお湯を一度に沸かして貯めるタンクがついています。

これは非常時、例えば地震などの災害時にお湯が必要な場合に貴重な水源となる可能性があります。

また、そのお湯を利用して一時的に暖を取ることもできます。

これらのメリットを理解することで、エコキュートの導入を検討する際の判断材料になります。

それぞれのライフスタイルやニーズに合わせて、エコキュートが適しているかどうかを慎重に考えてみてください。

エコキュート導入の際の費用目安と見積もりポイント

エコキュートの導入を考える際、一番気になるのがその費用だと思います。

また、正確な見積もりを取るためのポイントも理解しておくことが重要です。

ここでは、エコキュートの導入費用の目安と見積もり時に注意するべきポイントについて解説します。

設置・交換費用の目安

エコキュートの設置や交換にかかる費用は、製品の種類や機能、取り付ける家の構造などによって変わります。

大まかな目安としては新規設置の場合は約40万円~60万円、既存の給湯器からの交換の場合は約30万円~50万円程度が一般的です。

電力会社の申請費用は別途で2万円~3万円ほど掛かることが多いです。

ただし、これらの費用はあくまで目安であり、具体的な金額は見積もりを取ることで確認してください。

見積もりに注意するポイント

エコキュートの見積もりを取る際は、以下のポイントに注意してください。

  1. 製品価格だけでなく、設置費用や配管工事費用、必要な場合は電気工事費用なども見積もりに含まれているか確認しましょう。
  2. エコキュートの性能やサイズ、ブランドによって価格が変わるので、自分のニーズに合った製品を選んでください。
  3. 複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格を確認することができます。

これらのポイントを意識して見積もりを取り、自分の予算に合った適切なエコキュートを選んでください。

適切な施工業者選び

エコキュートの導入を考える際、重要なポイントの一つが施工業者の選び方です。

施工業者の技術力や対応力がエコキュートの性能を最大限に引き出すかどうかに直結します。

ここでは、適切なエコキュートの施工業者を選ぶためのポイントを解説します。

信頼できる施工業者の選び方

信頼できるエコキュートの施工業者を選ぶためのポイントは以下の通りです。

  1. 実績と経験:長年の経験と多数の施工実績がある業者は、さまざまな状況に対応する技術力と知識を有しています。施工実績や経験年数を確認しましょう。
  2. アフターサポート:エコキュートは長期間にわたって使用する機器なので、故障時の対応や定期的なメンテナンスが重要です。アフターサポートの内容をしっかりと確認しましょう。
  3. 口コミ・評判:実際にその業者を利用した人々の声を参考にすることで、業者の対応や技術力をより具体的に知ることができます。
  4. 見積もり:見積もりが明確で、隠れた費用がないかを確認しましょう。また、複数の業者から見積もりを取ることで、価格の適正さも確認できます。

これらのポイントを踏まえて、自分のニーズに最も合った施工業者を選びましょう。

適切な業者選びは、エコキュート導入の成功に大きく寄与します。


リフォーム業者選びでお悩みの方はこちらの記事も参考にしてください。

後悔した人の口コミと失敗事例を紹介

エコキュート導入には多くのメリットがありますが、一方で失敗事例も存在します。

以下に、実際の口コミを元にしたエコキュートの失敗事例を紹介します。

これらを参考に、適切な判断を行うためのヒントにしてください。

凍結した

エコキュートは電気を使ってお湯を作るため、厳しい冬季には凍結のリスクがあります。

寒冷地に住む方からは、「エコキュートが凍結してしまい、お湯が出なくなった」との口コミが見られます。

凍結防止策としてはエコキュートの設置場所を適切に選ぶ、冬季でも働くモデルを選ぶなどがあります。

定期的な買い替えに経済的負担を感じる

「10年程度での買い替えが必要となり、経済的負担が大きい」という声もあります。

予め予算を計画的に確保しておく、あるいは長期使用を前提にした機種選びをするなどが対策として挙げられます。

電気料金の値上げが負担になる

エコキュートは電力を使用しますので、「電力会社の電気料金値上げにより、予想以上の経済的負担が増えた」との声もあります。

電力会社や料金プラン選びもエコキュートの導入における重要なポイントです。

掃除がしづらい

「エコキュートの内部の掃除が難しく、カビや汚れが気になる」という口コミもあります。

掃除が容易なモデルを選ぶ、または定期的な専門業者によるメンテナンスを行うといった対策が考えられます。

タンク容量が合っていない

一部の利用者からは、「家族数に対してタンク容量が足りず、お湯が足りないことがある」との報告があります。

家族構成や生活スタイルに合わせて適切なタンク容量を選ぶことが重要です。

H3 見積もりが高い

一部のユーザーからは、「見積もりが高く、後から料金が増えた」という口コミも見られます。

見積もりはしっかりと内容を確認し、必要に応じて他の業者からも取得することを推奨します。

手抜き工事をされた

また、「施工業者の手抜き工事により、後から問題が発生した」との報告もあります。

施工業者選びには十分な注意が必要であり、施工後のアフターフォローも重要です。

以上の失敗事例を踏まえ、エコキュート導入を検討する際には各種リスクと対策をしっかりと理解し、納得のいく選択をすることが重要です。

エコキュートの選び方・導入のコツ

エコキュートを選ぶ際には、様々な要素を考慮に入れる必要があります。

以下に、エコキュート選びのコツと導入のポイントをいくつか紹介します。

相見積もりをとる

エコキュートの導入費用は業者により大きく異なるため、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

その際、料金だけでなくサービス内容、工事の品質、アフターサービス等も確認しましょう。

最適なタンク容量を選ぶ

エコキュートのタンク容量は、家族の人数や生活スタイルにより適切なサイズが異なります。

普段どの程度お湯を使用するのか把握し、それに見合ったタンク容量を選ぶことが大切です。

なるべく訪問販売からは契約しない

訪問販売は一方的な情報提供が主となり、比較検討の余地が少ないため、避けることをおすすめします。

自分で情報を収集し、落ち着いて選ぶことが重要です。

生活に合った電気料金プランを把握する

エコキュートは電気を使用するため、電気料金のプラン選びが重要です。

一般的に、夜間に電力を多く使用するプランがお得なことが多いので、各電力会社のプランを比較し、生活リズムに合ったものを選びましょう。

欲しい機能を厳選する

エコキュートには様々な機能がありますが、すべての機能が必要とは限りません。

必要な機能を厳選し、無駄なコストを削減しましょう。

以上のポイントを参考に最適なエコキュートを選び、快適な生活を実現しましょう。

エコキュート導入の注意点とリスク

エコキュートは多くのメリットをもたらす一方で、導入に際してはいくつかの注意点とリスクを理解しておく必要があります。

飲用水としての利用に注意

エコキュートから出るお湯は主に入浴や調理などに使用するためのもので、直接飲用することはおすすめしません。

なぜなら、水道水を加熱しただけのものであるため、塩素等の処理剤が含まれています。

これらを摂取すると体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

したがって飲むための水は別途、浄水器などを通すことをおすすめします。

スペース確保の必要性

エコキュートの設置には十分なスペースが必要です。

特に、機器が大きくなると必要なスペースも広くなります。

このため、エコキュートを設置する場所を確保することが重要です。

既存の給湯器と比べて大きい場合があるので、施工前にはきちんと設置スペースを確認しましょう。

騒音問題に対する対処法

エコキュートは作動時に音が発生するため、設置場所や設置方法によっては近隣に騒音を与える可能性があります。

これを防ぐためには、防音対策を検討するか、可能なら夜間の使用を控えると良いでしょう。

また、最近の機種では静音設計が進んでいるので、購入の際にはその点もチェックしてみてください。

以上の点を理解し適切な導入計画を立てることで、エコキュートのリスクを最小限に抑え、効果的な利用が可能になります。

導入の手順

エコキュートを導入するにあたり、スムーズで失敗のない進行を進めるための手順を知っておくことが重要です。

以下に、一般的な導入手順を簡単に説明します。

  1. ニーズの確認 まずは自身のニーズを明確にします。どのくらいのお湯を使うのか、どの程度の省エネ性能を求めるのか、予算はどのくらいか、といった点を洗い出しましょう。
  2. 製品の選択 ニーズに合わせてエコキュートの製品を選びます。メーカーや性能、価格などを比較し、最適な製品を見つけ出します。
  3. 見積もりの依頼 選んだ製品に対して、複数の施工業者から見積もりを取ります。料金だけでなく、施工の品質やアフターサービスも重視しましょう。
  4. 施工業者の選定 見積もりを比較し、自身の条件に最も適した施工業者を選びます。
  5. 契約と工事スケジュールの確認 選んだ施工業者と契約を結び、工事スケジュールを確認します。このとき、自宅の状況やライフスタイルに影響が出ないよう配慮することが大切です。
  6. 施工 施工業者による工事が行われます。工事中は自宅の電力や水道が止まる場合があるので、事前に調整をしておきましょう。
  7. アフターサービス 工事が終わったら、エコキュートの使い方を施工業者から説明してもらいます。また、アフターサービスの内容も確認しておきましょう。

これらの手順を踏むことでエコキュートの導入はよりスムーズに進行します。

導入を検討している方はこれらの手順を参考にしてみてください。

エコキュートをおすすめする人・しない人

エコキュートの導入は、家庭のライフスタイルやニーズにより、そのメリットを最大限に享受できる人とそうでない人がいます。以下に、エコキュートが特におすすめな人と、それほどおすすめできない人の特徴を示します。

エコキュートをおすすめする人

  1. 大量のお湯を使う人:エコキュートは、一度に大量のお湯を供給できる特徴があります。そのため、大家族や、浴槽にしっかりお湯をはる習慣のある人には特におすすめです。
  2. 省エネライフスタイルを求める人:エコキュートは空気中の熱を利用してお湯を沸かすため、電気代の節約につながります。また、太陽光発電システムとの併用でさらなる節電が期待できます。
  3. 長期的な視点で考える人:エコキュートは初期投資が必要ですが、長期的に見れば光熱費の節約によりその費用を回収できます。そのため、長期的な視点で考えることができる人にはおすすめです。

エコキュートをおすすめしない人

  1. 少量のお湯しか使わない人:エコキュートは大量のお湯を一度に沸かすため、少量のお湯しか使わない人には適していません。その場合、ガス給湯器の方が適切かもしれません。
  2. 短期間しか住まない人:エコキュートの導入費用は高額なので、短期間しか住まない予定の人には、その費用を回収するまでの時間がない可能性があります。
  3. 夜間に大量のお湯を使う人:エコキュートは昼間に電力を蓄えて夜に使う設計なので、夜間に大量のお湯を使う人は、電力が足りなくなる可能性があります。

このように、自分のライフスタイルやニーズによって、エコキュートの導入が最適かどうかを判断することが大切です。

自分自身の生活スタイルをよく考え、必要性とメリットを比較検討してみてください。

まとめ:エコキュートの後悔は事前の準備で防げる

エコキュートの導入は新たな暮らしの一部となる大きな投資です。

しかしながら、適切な準備と理解を持てばその後悔は避けることができます。

以下にその方法をまとめてみましょう。

  1. 自分のライフスタイルとニーズを理解する:まず、自分が大量のお湯を使うか、長期間同じ場所に住む予定があるか、節電を重視するかなど、自分のライフスタイルとニーズを理解することが大切です。エコキュートが自分のライフスタイルに合っているかどうかを理解することで、後悔の可能性を最小限に抑えることができます。
  2. 複数の見積もりを取得する:費用の面でも後悔を避けるためには、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。それにより、適正価格を把握し、不必要な費用を支払うことを避けることができます。
  3. 信頼できる業者を選ぶ:手抜き工事をされたり、後々トラブルが起きたりすることを防ぐためには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。業者の選び方については、口コミ情報や保証内容をチェックするなど、しっかりと調査を行いましょう。
  4. 導入前の準備:設置スペースの確保や、騒音問題への対策など、エコキュート導入には適切な準備が必要です。これらをしっかりと考慮し、事前に準備を行うことで、後悔することなくエコキュートを使用することができます。

このように、エコキュートの導入については事前の準備と理解が重要となります。

自分のライフスタイルとニーズに合った選択を行うことでエコキュートの導入を成功させ、より良い生活を送ることができるでしょう。

よくある質問と回答(Q&A)

エコキュートの導入を考える際、さまざまな疑問や質問が浮かびます。

ここでは、エコキュートに関するよくある質問とその回答をいくつかご紹介します。

Q1: エコキュートとは何ですか?

A1:エコキュートとは太陽光発電と組み合わせて使用することを前提に設計された、電気を利用した給湯機器の一つです。

効率的にエネルギーを使用することで、節電効果を期待することができます。

Q2: エコキュートのメリットとデメリットは何ですか?

A2:エコキュートの主なメリットは、効率的なエネルギー利用と節電効果です。

また、ガスを使わないため、ガス漏れの心配がなく火災リスクも低減します。

デメリットとしては初期費用が高いこと、設置スペースが必要なこと、冬季には効率が下がる可能性があることなどが挙げられます。

Q3: エコキュートの寿命はどれくらいですか?

A3:エコキュートの寿命は大体10年から15年程度とされています。

しかし、使用方法や環境、メンテナンスの状況により変動します。

定期的なメンテナンスを行い、早めに部品の交換などを行うことで寿命を延ばすことが可能です。

Q4: エコキュートの設置に必要なスペースはどれくらいですか?

A4:エコキュートの設置には一定のスペースが必要です。

大体、幅60cm、奥行き60cm、高さ170~200cm程度のスペースを確保することが一般的です。

しかし、製品により大きさは異なるため、購入前に必ず製品のサイズを確認し適切なスペースを確保できるかを確認しましょう。

以上のような質問と回答を通じて、エコキュートの導入に関する理解が深まれば幸いです。

さまざまな疑問や質問がある場合は、専門的な知識を持った業者に相談することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました